【レビュー】SHURE SE215 Wireless、待望のBluetoothイヤホンを聴く

shure-se215-wireless-review-4

久々にワイヤレス・イヤホンのレビューを。今回は待望のBluetooth化した「SHURE SE215 Wireless」を見ていきたいと思います。

元々SE215というかこのシリーズはMMCX端子を採用しているのでリケーブルさえすればワイヤレス化は以前からできたわけなのですが、満を持してシュア公式から「RMCE-BT1」というBluetooth接続に対応したケーブルを同梱して発売、という注目商品です。

ですのでSE215自体は基本的に変わっていないですしケーブルでワイヤレス化した、というだけではあるのですが、公式から登場したということで気になっていた人も多いはず。特に最近はiPhoneがヘッドフォンジャックを廃止してからというものワイヤレスの波が押し寄せており、そんな中でもSE215 Wirelessは価格的にもお手頃ですし、機能的にもまあ人気が出るだろうな、と。

個人的にもSHURE SE215 SPEやSE535 LTDなどは持っており、今回は色々と比較してみました。

SHURE SE215 Wireless レビュー

今回レビューしていくのは「SHURE SE215 Wireless」。型番でいうとSE215-CL-BT1-A(クリアシェル)とSE215-K-BT1-A(トランスルーセントブラック)がありますが、今回はクリアシェル版を購入しました。

shure-se215-wireless-review-2

(今回はSE215-CL-BT1-Aで、クリアシェルのモデルを購入しました)

個人的にはこのクリアシェルデザインがSHUREのIEMイヤホンの中では一番かなと思っており、最近SE215  SPEのトランスルーセントブルーカラーが安っぽく見えてきたので、なおさら嬉しいです。クリアケースなので中のドライバーも見えるのですが、基本的には有線ケーブルとセットのSE215と変わらないので、ダイナミック型ドライバーを1基ずつ左右に搭載しています。

shure-se215-wireless-review-4

shure-se215-wireless-review-5

(ダイナミックドライバーが見えます)

Wirelessモデルなのですが、基本的にはMMCX端子のケーブルがBluetooth対応のワイヤレスになっているだけなので、基本的には有線モデルのSHURE SE215を変わりません。サイズ感も同じですし、同じ有線ケーブルで繋いでしまえば音も変わったところはほとんど分かりません。

shure-se215-wireless-review-13

(リモートコントロール付き)

shure-se215-wireless-review-14

筐体も有線モデルのSE215同様のサイズ感になっており、上位モデルのSE846などと比較するとSE215の方が小さく、人によってはこちらの方が耳にフィットしやすいかもしれませんね。個人的にはSE535までのサイズ感なら十分装着しやすいので、ここも特に問題ありません。

shure-se215-wireless-review-29

(SHURE SE215 SPEと比較。個人的にはクリアシェルの無印SE215が好きです)

shure-se215-wireless-review-30

(赤色のSE535 LTDと比較。片側3BAのマルチドライバー搭載ですが、SE215と大きさはほとんど同じです)

shure-se215-wireless-review-31

(3つ並べてみました)

WirelessモデルといってもMMCX端子なので、リケーブルして他のBluetooth対応ケーブルを使ったり、お気に入りの有線ケーブルで使うといったことも可能です。特にMMCX端子を採用したBluetoothケーブルというのは選択肢も多いので、その部分では2pin端子のものよりはワイヤレス化の選択肢があると個人的には思うのですが、どうでしょうか。

shure-se215-wireless-review-12

(MMCX端子でリケーブル可能なBluetoothケーブルが同梱)

Bluetooth対応の同梱ケーブルもチェック。クリアケースであってもブラックのケーブルですね。というか、実はSHURE公式で出しているワイヤレス化のMMCXケーブルというのは「RMCE-BT1(112だけSE112-BT1?)」のみ(2018年5月時点)です。最近はワイヤレス用ケーブルを同梱したパッケージも販売されましたが、基本的にはSE846、SE535/SE535 LTD、SE425、SE315の全てに対応しており、全て同じEMCE-BT1が付属します。

shure-se215-wireless-review-6

shure-bluetooth-cable-new-package

(シュアのBluetoothケーブル同梱版・新パッケージも発売されるそうです。最近ライトニングケーブル直結やUSB Type-Cケーブル直結などのMMCX対応ケーブルも登場したので、SHURE純正ケーブルの充実でスマホでもより使い易くなりました)

音質的な部分が全てのSEイヤホンに最適化されているか、というとまた別問題なのですが、とりあえず同じケーブルを上位モデルでも使えるのは嬉しいですよね。例えば上位モデルでSE535やSE846を持っている方は、これらのBluetooth、ワイヤレス化にSE215 Wirelessの同梱ケーブルがそのまま使えます。

同梱ケーブルも簡単にみてみます。RMCE-BT1自体はいたって普通のワイヤレス・ケーブルといった感じですが、SEシリーズ用ということでシュア掛けができるように、耳掛け部分の調節が可能です。ですので、ワイヤレスケーブルでありながら、従来の有線同梱ケーブルと使用感は似ていますよね。

クリップもついており、シャツに固定しておくことも可能です。充電はUSB Micro Bポートがリモート+マイク部分に搭載されているので、ここからUSBケーブルを繋いで充電します。

shure-se215-wireless-review-17

(リモートコントロールの部分に充電用ポート。端子はUSB micro Bです)

shure-se215-wireless-review-15

(充電用ケーブルも付属)

shure-se215-wireless-review-10

(イヤパッドキットには掃除用のあれ(右)も付属しており、またシャツなどに固定する装着用クリップ(左)も同梱されています)

SHURE純正の弾丸ソフトフォーム・イヤーピースや、快適さ重視のソフト・フレックス・イヤーピースが付属します(SHURE公式ではイヤパッドKitと呼んでいるみたいです)。フォームのイヤーピースで最大37dBまでを遮断する「遮音性」がSHUREイヤホンの特徴の1つでもありますから、これを目的に買う人もいそうです。(イヤピースはそれぞれS、M、Lが1つずつ付属します)

shure-se215-wireless-review-7

(SHURE SEシリーズのIEMなので、音導管はいつもの細めのものです)

shure-se215-wireless-review-9

(遮音性が低いので、こちらはあまり使ってません)

キャリングケースも付属します。…こういった付属品というのは前から変わってないですね。多分時期によってマイナーチェンジとかはされていると思うのですが、まあ基本的にはSE215の付属品感です。

shure-se215-wireless-review-26

(キャリングケースもいつものやつです)

(付属品)

  • USB充電ケーブル
  • イヤパッドキット
  • 装着用クリップ
  • キャリングポーチ
  • ユーザーガイド

(スペック・技術仕様)

  • 感度:107bB SPL/mW
  • 再生周波数帯域 22Hz – 17kHz
  • ノイズ減衰量:最大37dB
  • Micro Driver:シングルダイナミック
  • ケーブル:着脱式
  • 接続方式:Bluetooth
  • 特殊機能:マイク付

ペアリング方法やその他操作

リモートコントローラーがケーブル右側についているので、ここから操作します。長押しで電源をONにしてそのまま押し続けるとBluetoothのペアリングモードに行くので、接続は簡単です。マイクもついているのでハンズフリー通話もできますし、曲送りや音量調節も可能です。

(中央ボタン)

  • 電源ON :押し続ける
  • 電源OFF:押し続ける(5秒)
  • Bluetoothペアリング:押し続ける(7秒)
  • 再生/一時停止:一度クリックする
  • 応答/通話終了:一度クリックする
  • 通話拒否:押し続ける(3秒)

(上下ボタン)

  • 音量増減:+/-をクリックする
  • 次の楽曲:+を押し続ける(3秒)
  • 前の楽曲:-を3秒ずつ2回押す

あとはマルチポイントのペアリングにも対応しているので、そのあたりの機能も2つの機器で使う方は便利ですね。

電池持ち

バッテリーは最大8時間の駆動時間。今のワイヤレスイヤホン市場を見ると左右独立型意外でいえばそこまで長い電池持ちでもありませんが、個人的な利用環境では2日に1回充電すれば十分かなあという印象。電源をONにしたときに残りの駆動時間が音声アナウンスされるので、そこまで心配になることもありません。

shure-se215-wireless-review-17

15分の充電で2時間使えるので、充電の面でも特に気になるところはなし。

コーデック

RMCE-BT1はBluetooth 4.1なので、最近のスマートフォン/iPhone・タブレット・PCであれば問題なく接続できます。気になるのは対応コーデックが「SBCのみ」というところですかね。AACにも対応していません。最近はワイヤレスでもaptX、aptX HD、LDACなど高音質・低遅延などを謳うコーデックが登場しているので、少し残念です。

とはいってもaptXに対応しながら微妙なケーブルはたくさんあるので、ようはどう実装するかによるとは思うのですが。

遅延

音楽リスニング、YouTube、Netflix、Huluなど動画視聴であれば特に問題を感じません。音ゲーなんかは少しだけ気になる方はいるかもしれませんが、普段の利用では遅延で気になるところはないです。

最近は左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンもありますが、あちらは遅延が致命的なレベルで発生する製品がまだまだ多いです。そういったことも考えるとまだまだこういったタイプのBluetoothケーブルがおすすめな気がしますね。

Bluetoothノイズ

Bluetoothイヤホン特有のサーッというノイズは、若干ですが聞こえます。ただ他のBluetoothイヤホンもこれは普通に聞こえる製品が多いので、特別RMCE-BT1とSE215の組み合わせが悪いというわけでもないですね。周りが静かな環境で利用する方は、少し気になるかもしれません(SE215は遮音性が特徴で外向けな気はしているので、自宅利用メインならそもそも別のイヤホンの方が…)。外出先では全く気にならないので、神経質な方でなければ大丈夫かと思います。一般的なBluetooth接続の範囲内といったところ。

遮音性/音漏れ防止

遮音性能と音漏れ防止性能はSEシリーズ最大のメリットでもあり、SHURE SE215 Wirelessに関しても、ソフトフォームのイヤーピースを使った場合は非常に優秀です。それはSE215の形状自体から来るものでもあると思いますしイヤーピースから来るものでもあると思いますが、ユニバーサルタイプのIEMとしてはトップレベルの遮音性を誇る部分でいうと、誰もが認めるところではないでしょうか。

shure-se215-wireless-review-8

(ソフトフォームのイヤーチップ。遮音性高し)

Bluetooth化に伴って少しだけ気になるところといえば、音量調節でしょうか。例えば有線ケーブルでの接続でポータブルアンプをかませた場合と比較すると音量を細かいところまで調節できないので、ここだっ!という音量ぴったりに調整するのは少し難しいですね。まあこの辺りもスマートフォン/iPhoneとBluetoothイヤホンを接続するなら同じことかと思うので、もともとBluetoothイヤホンを探していた方には関係ない部分かもしれませんが。

音質、SE215 SPEとの比較とか

SE215とSE215 SPEの比較でいうと、最近は無印のSE215の方が好きですね。…SE215 SPEは低域をより強調させたチューニングになっているかと思うのですが、無印SE215の低域はそもそもダイナミック型ドライバーですし量感があるので、SPEほど低域がしつこくないのが良いです。

shure-se215-wireless-review-29

(SE215 SPEよりは、無印SE215の方がバランスが良いです)

BluetoothケーブルのRMCE-BT1を通しても、基本的にSE215の傾向は変わりません。ダイナミックドライバー搭載らしい中低域のふくよかさに、この価格帯のDD1発搭載のイヤホンとしては解像度も高く、ここはSE215そのままという印象です。Bluetooth化によって有線モデルと比較すると少し価格は高いですが、ワイヤレスで8時間駆動もできれば十分メリットを享受できるので、価格設定に関しても納得なところがあります。

もちろんこの中低域の芯の通った音質は低反発のメモリーフォームイヤーピースならではと感じるので、シリコンのイヤーピースだと少し微妙というか、遮音性/音漏れの少ない良さを含めたこれぞSE215な音質が出てこないような気が。ですので、基本的にはメモリーフォームのイヤーピースありき、もしくはCOMPLY(コンプライ)のイヤーピースなどを合わせると良い気がしますね。個人的な話でいうと、装着感も含めてSE215付属の低反発イヤーチップよりは、コンプライのTXの方が多分好きです。

音質の基本的なところでいうと無印のSE215そのままなので、SE215 SPEよりはしつこくないですし、BA1基ずつのSE315、BA2基ずつのSE425と比較するとD型なので落ち着いた聴き心地で疲れませんし、BA3基ずつのSE535/SE535 LTDや4基ずつのSE846と比較すると解像度に関しては流石に劣るものの、価格が倍以上違うので、どちらかというとSE215 Wirelessはもっとカジュアルに使うことを想定しているのかな、とは思います。

shure-se215-wireless-review-30

(解像度でいうと流石にSE535 LTDには負けますが、SE215 Wirelessはダイナミック型ドライバーで落ち着いた音色なので、単純にどちらが良いというのも難しいです。価格も違いますし)

もちろんこれより下の価格帯のイヤホンを利用していた方は(最近は中華イヤホンでコスパがすごいものがあるので一概には言えませんが)、使っていた機種によっては音質面でのアップグレートに加えてBluetoothでワイヤレス利用が可能なイヤホンということで、以前からSE215の評判や積み上げてきたものというものもありますし、まあこの価格なら売れまくるだろうな、という気がします。

全体的なところではSE215 Wirelessに限らずマルチドライバーの上位モデルも「中低域の表現力・実在感」みたいなものがSHUREのIEMにおける魅力かと思うので、ここが気にいる方はありですね。逆に高域に見晴らしの良さや音場、スッキリ感やキラキラ感を求めている方にとっては少し違うのかな、というのが、これまたSE215に限らず、SHURE IEMイヤホン全てに関して個人的に思っているところです。

リケーブル

SHURE SE215 WirelessはMMCXの端子を採用しているので、Bluetoothケーブルが同梱していますが、他のBluetooth対応ケーブルや有線ケーブルにリケーブルすることも可能です。

shure-se215-wireless-review-19

…SE215 Wirelessというと購入時の価格が約2万円ということもあって、個人的な意見としては「ワイヤレスの利便性と遮音性を求めて買ったので、そのまま付属ケーブルで使いたい」気持ちだったりします。(もともとSEシリーズを持っている方ならRMCE-BT1のケーブル単体を購入すれば良いだけですし、有線でもともと使いたい人はわざわざ価格がプラスになるワイヤレスモデルを買う必要もないですし)

もちろんすでに紹介したようなBluetooth特有のサーっというノイズが気になったり…という方には有線でのオプションも残してあるというところで、メリットにはなるでしょう。ということで、今回SE215 SPEやSE535 LTDの付属ケーブルや、Amazonで購入したMMCX対応ケーブルでリケーブルしてみました。

shure-se215-wireless-review-28

shure-se215-wireless-review-27

(手持ちのMMCX対応有線ケーブルに繋いでみたりしました)

SE215に関してはSE535/SE846と比較して明らかに鳴らしやすいというかダイナミック型ドライバー1基ずつなので、ケーブルが普通にしっかりしているものであれば、有線で繋いでみるとBluetooth特有のノイズというのが無くなります。有線で鳴らしやすいので、音質だけ考えると有線ですかね。ただ「Wirelessだから良い」みたいなところはありますしケーブルレスなメリットを外出先で使いたいという用途で購入したので、そもそもほとんど付属のBluetoothケーブルで使うことが多いですし「ワイヤレスでSE215の音と遮音性」というのが良いところなわけで。個人的な利用環境でいうとわざわざリケーブルしてまで使うことはないな、と感じています。そのままでよい、そのままで。

 SHURE SE215の音質/遮音性を、手軽にワイヤレスで楽しめる

shure-se215-wireless-review-20

SE215 Wirelssは基本的に有線ケーブルの代わりにBluetoothケーブルが付属するだけなので「SHURE SE215の音と遮音性を、ワイヤレスで楽しめる」というのが最大のメリットかと思います。2万円くらいなら価格的にも手を出しやすいですし、もともとSHUREのIEMイヤホンを持っている方は約1万円のRMCE-BT1を買いますだけでワイヤレス化できますし。

個人的にSHUREのよさというのはユニバーサルIEMでこのフィット感と遮音性を実現している部分なので、それにBluetoothがついてこの価格ならまあ納得できるかな、という感じです。SHUREのイヤホンを手軽にワイヤレスで楽しみたい方は、良い選択肢だと思います。

(購入)