【レビュー】sennheiser HD650、開放型ヘッドフォンの名機を聴く

sennheiser-hd650-review

sennheiser(ゼンハイザー)HD650のレビューを書いてみます。

HD650といえばオープンエア(開放型)のヘッドフォンで、上にHD700やHD800がいるので、価格帯としてはミッドレンジのモデルです。

ゆったり聴ける適度にふくよかな中低域、スムーズな高域が特徴で開放型としてはHD600と共に名機とも言えるヘッドフォンなのですが、中の人もしばらく使ったりしていました。

今回AKGのK7xxをMassdropから購入してしばらく聞き込んだところで、HF650の特徴などメモとして残しておきたいと思います。

ゼンハイザー HD650 購入レビュー

今回レビューするヘッドフォンは、ゼンハイザーの「HD650」。HD600の後継機として発売されたオープンバックのヘッドフォンで、日本でも発売以来ロングセラー(多分、売れた数は実際にわからないので)として人気のモデルです。

sennheiser-hd650-review

個人的にもふくよかな低域が好きでHD650を使い続けており、売れ続けるにはワケがある、という感じのヘッドフォンな訳ですが。

いわゆる開放型で、ベロアパッド採用。ヘッドフォン型には独自のL/Rジャックを搭載した両出し構造で、ケーブルを変えればバランス接続なんかもできるそうですが、特に試していません。

sennheiser-hd650-review-2

オーバル型のイヤーパッド。ベロア素材が採用されており、長年ほとんど変わらないフォルムですが装着感は快適なので、これが売れている理由の1つかと思います。

耳の入るスペースを大きくとっているので、アームの可動域はそこまで広くないですが、フィット感は良好。

無骨なデザインですが「The sennheiser」な外観は見ていても心地良いですね。変わらないよさ、とでも言いましょうか。

sennheiser-hd650-design

基本仕様も少し紹介しておきます。交換品が純正でも多く提供されているので長く使えること、また300Ωなので据え置きアンプか、ポータブルアンプならパワーのあるものをオススメしておきます(高域が意外と鳴らしきれない感じがするので、パワー結構重要かもです)。

(主な基本仕様・スペック)

  • 形式:ダイナミック・オープン型
  • 周波数特性:10~41,000Hz
  • インピーダンス:300Ω
  • 音圧レベル:103dB
  • 質量:260g(ケーブルのぞく)
  • 接続ケーブル:ケーブル長3.0m(両出し)、6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型)
  • 付属品:3.5mm変換アダプター

(別売りバランスケーブル)

(交換用補修パーツ)

  • イヤーパッド(1pair)/05063
  • ケーブル/092885

装着感や使用感

オープンバック(開放型)のヘッドフォンなので、ほとんど室内利用用であることが1つ、HD650はオーバル型のベロイヤーパッドを採用しているので、疲れにくく、フィット感も良好です。

ヘッドバンド部分には左右にクッションが入っているのですが、これらは使い続けているうちに潰れてきたりはします。ただHD650は多くの部品が交換できるようになっておりヘッドクッションもイヤーパッドも交換はできるので、長く使う上でもメリットでしょう。

気になるところといえば、たまに髪が引っかかってブチっと引っこ抜かれてしまう部分でしょうか。聴き終わった後に頭から外す際、髪の長いかたは気をつけた方が良いと思います。

ブレないフィッティングという面では、AKGのヘッドフォンよりも好みです。ただ長時間利用にはAKG7xxの方が楽な気もしていて、一概にどちらが良いとは言い切れないような気もします。

音質:低域が量感十分。ゆったりと気持ち良い音

音質傾向としては、やはり低域のふくよかさでしょうね。キレや極度の解像感というよりは、低域に乗っかった中高域まで、スムーズにゆったりと聴けるサウンド。かといってしつこい低域量ではないので、長時間聴いていて嫌な感じもありません。

HD650、HD600共にこの低域が最大の特徴かと思うので、当然好みは別れてくるのかなと思います。例えば手持ちのAKG K7xxは通常のK702と比較すると若干低域に厚みがありますが、sennheiser HD650と比較すると、K7xxのほうが高域は伸びますし、K650は低域にどっしりとした感覚もあります。 K7xxがよりスピード感があって、HD650はどちらかといえばゆったりスローに聴けるヘッドフォンとでも言いましょうか。

この価格帯では高い解像度と滑らかな各音域、そして量感のある低域が満遍なく広がるので、個人的にはボサノバ系の曲を流して作業したりしています。合う曲というのは人それぞれなので難しいところですが、個人的な意見をいえば弦楽器のゆったり系は○、スピード感のあるロックにはAKG K7xxの方が合うかなという気がしてますね(もしくはキレと解像感重視なら、beyerdynamicnoT90とか)。

高域のみに関してはAKG K702とかK7xxの方が伸びますし綺麗です。それは多分HD650と比較して低域の量感が少ないということもありそうですし、高音のみにフォーカスして楽しむならAKG 7xxの方が綺麗系かなという気が。

sennheiser HD650は2003年頃に登場したと記憶していますが、剛健さやメンテナンスのしやすさ、バランスの良いオープン型ヘッドフォンかつ低域の量感でパンチを加えているところで、ロングセラーになるのも納得な音質かと思います。

電子機器はよく買ったりするのですが、スマートフォンやPCと違って、特にヘッドフォンなんかは「長年廃れない良さ」みたいなのがあって良いですよね。だって、2003年といえばみんなまだガラケーを使ってた時代ですからね…。

もちろんオーディオ製品であっても出ては消えていく製品だってあるわけで。そういった意味では、HD650が今も名機として長年売れ続けているのには多分理由があって、行き着くところは結局「音が良いから」というところに落ち着くんだと思いますけどね。

上位モデルにHD800、700といった機種もあることからこれまた選ぶのが難しいという問題もありますが、個人的には価格と音質のところでスイートスポットなのがHD650、これより上ならゼンハイザーも良いのですがBeyerdynamicあたりもみるかなあという感じがしているので。

最近はAppleが3.5mmヘッドフォンジャックを廃止してからBluetooth、ワイヤレスのヘッドフォン・イヤホンの波が来ていますが、より高音質で楽しみたいというところではワイヤードがまだまだ有利というところもあって(と、個人的には思います。Bluetooth対応の高額ヘッドフォンもいくつか出て来ていますが、数が少ないところを考えるとまだまだこれからという気が)、特に据え置きの室内用ヘッドフォンにおいては、まだまだ廃れない良さを楽しめるだろうなあという気がしています。

ふくよかな低域と、長年廃れない評判に証明された音質の良さがあるので、やっぱりいつ使っても名機だなという言葉しか出てこないのですが。実は聴く音楽ジャンルもあって個人的にはAKG K7xxを利用することが多いのですが、HD650もおすすめです。

(購入)