【レビュー】Razer Huntsman Mini、オプティカルスイッチ搭載の60%ゲーミングキーボード

razer-huntsman-mini-review-1ゲーミングPC・周辺機器

ゲーミングブランドのRazerから販売されている「Razer Huntsman Mini」キーボードを購入したのでレビュー。

最近のRazerキーボードのいくつかにはオプティカルスイッチ(光学スイッチ)が搭載されているのが特徴ですが、今回のモデルは第二世代のリニアオプティカルスイッチを搭載した赤軸版です。

Huntsman TKLなどに搭載されていた第一世代のリニアオプティカルスイッチと比較すると押下音の改善などがあり以前よりも良いスイッチに仕上がっているので、そのあたりも含めて比べていきます。

スポンサーリンク

Razer Huntsman Mini レビュー

razer-huntsman-mini-review-1

Razer Huntsman Miniは、60%のキーボードレイアウトを採用した小型のゲーミングキーボードです。

60%レイアウトというとゲーミング系の製品ではDuckyなどが先駆けて販売していましたが、Razer Huntsman Miniが発売されてから、HyperXやCorsairといった著名なブランドからも登場するようになり、ニッチな市場ではなくなってきました。

USBは左側に配置されており、Type-Cポートを採用。傾斜用のキックスタンドはフラット含めて3段階で調整可能です。背面四隅には滑り止めがあり、Huntsman Mini自体の重量は軽いですが、よほど派手にキーボードを動かさない限りは、ゲームプレイ中に机上で滑ることはありませんでした。

razer-huntsman-mini-review-3

(キックスタンド。傾斜角度はG Pro Xと同程度で、特に目立ったところはありません)

razer-huntsman-mini-review-4

razer-huntsman-mini-review-2

(USBはType-C。左側設置がありがたい)

 

60%キーボードレイアウトのメリット・デメリット

60%レイアウトのメリットでいうと、当然キーボードの横幅が狭いので、机上でマウスを動かすスペースを大きく取れることです。

Razer Huntsman Miniの本体を見ていくと、単純に60%レイアウトということだけでなく、ボード本体も極力小さく設計されていることが分かります。これならローセンシでマウスを運用しているゲーマーや、机の狭い環境でも十分にマウスの可動スペースを取ることができます。

razer-huntsman-mini-conparison

(テンキーレスと比較してもこの通り。また本体の余分なスペースも極力省かれているので、かなり小さいです)

一方で60%レイアウトは通常、十字キーやHomeキーといったものは省略されて、他のキーとの組み合わせで割り当てられています。

Razer Huntsman Miniの場合は、十字キーがデフォルトでFN+IJKLへの割り当てです。こちらですが、デフォルトのまま利用するには慣れが必要かと思います。

razer-huntsman-mini-review-5

TKL(テンキーレス)のキーボード配置に慣れている方はアローキーが右下にあるのが普通かと思いますが、FN+IJKLの位置だと非常に感覚が狂います。

Anne Pro 2などはデフォルトで右下のApp、FN、Cntrl、Shiftをアローキーとして使えるのですが、Razer Huntsman Miniではアローキーのリマッピングがかなり面倒でした。

例えばAnne Pro 2と近い配置にするためには、Synapseを使ってキーのリマッピングをする必要があります。ただしFNキーやFNキーとの組み合わせのリマッピングはHunstman MiniとRazer Synapseではできないようで、通常のキー配置をリマッピングしていく必要がありました。

またリマッピングする際、アローキーが割り当てられているFN+IJKLは、そもそもSynapseのカスタマイズ時にリバインド先としてHuntsman Mini自体から入力できないようで(またFNキー自体もSynapseとHuntsman Miniではリバインドできません)、別のキーボードを用意するなど何か工夫して、リバインド先のアローキーを入力してあげる必要があります。

一度やり方が分かれば設定自体は難しいものではありませんが、やはりデフォルトでのアローキー割り当てがFN+IJKLというのは分かりにくいです。そのためタイピング用途に限って言えば、他のキーボードを選ぶ方が無難のように思います。

ダブルショットPBTキーキャップが付属

Razer Huntsman Miniのキーキャップには、ダブルショットPBTが標準装備されています。

PBTキーキャップのメリットとしては、一般的にABS樹脂製のものよりも耐久性に優れていると言われていること、また手触りはサラサラとした感触があり、皮脂も目立ちにくい点にあります。

またダブルショット(二色成形)のため、摩耗による文字の見辛さなどもほとんど心配がありません。

個人的にダブルショットPBTのキーキャップ採用によるデメリットはほとんどないと感じていて、これらが別売りで購入しなくとも標準で付いてくるのはRazer Huntsman Miniの良いところですね。

第二世代Razer リニアオプティカルスイッチ

Razer オプティカルスイッチでは、光学技術を採用することでデバウンス遅延を排除しています。光学スイッチ搭載キーボードも最近増えた印象がありますが、Razerは割と早い時期からリリースしていました。

Razer Huntsman Miniでは紫もしくは赤のどちらかのスイッチを選べるようになっています。

  • クリッキー(紫):アクチュエーション距離 1.5mm、アクチュエーションフォース45g
  • リニア(赤):アクチュエーション距離 1.2mm、アクチュエーションフォース48g

実はRazer リニアオプティカルスイッチの方には第一世代と第二世代があり、今回購入したHuntsman Miniには第二世代のオプティカルキースイッチが採用されています。

第二世代のアクチュエーション距離(作動点)は1.2㎜で、一般的な赤軸スイッチと比較するとかなり短めです。ゲーマー用の所謂スピード系スイッチに分類されるかと思います。

第一世代はボードを底打ちしたときの音が大きく、また押下の感触もあまり良いものではありませんでした。そのあたりが第二世代で改善されている点は大きいです。また第一世代の時にあったキーのブレ・揺れもかなり少なくなっているように感じます。

スイッチ構造の中にシリコンダンパーが組み込まれており、これがスピードとスムーズさを損ねない程度に、キースイッチ全体を改善しているようです。

第二世代のキー押しですが、シリコンダンパーとアクチュエーションフォースのせいか、少し柔らかい感触があります。作動点が短く、押した感触が柔らかいため、慣れるまでに時間がかかるかと。

使用用途で言うと、当然ゲームプレイにはおすすめです。作動点の短さという点で早く反応するのが感触で分かりますし、キー押し時の柔らかさもゲームプレイ時にはそこまで気になりません。個人的には押下時の感触はどうしても通常のメカニカルスイッチの方が好みなので、打っていて心地よい感覚ではありませんでした。

また仕事でタイピングを多く行う方には、第一世代同様に向いていないような気がします。

単純に筆者が一般的な赤軸系キーボードに慣れているというのもありますが、2週間ほど連続使用してキーボードに慣れてからも、タイピング時の柔らかさには違和感が残りました。

スポンサーリンク

第二世代リニアスイッチで感触が改善、ゲーム用途にはおすすめ

光学スイッチ、ダブルショットPBTキーキャップ、60%レイアウトと最近のゲーミングキーボードのトレンドを詰め込んだ製品がRazer Huntsman Miniです。

第二世代Razer リニアオプティカルスイッチは以前より感触が良かったのですが、通常のMX Cherry RedやHyperX Redのほうが好みで、筆者個人としては通常のメカニカルキーボードから乗り換える気にはなりませんでした。

また最近は60%レイアウト、光学スイッチ搭載、ダブルショットPBTなどは他製品も多く、それだけで購入の決め手になるようなものでもなくなってきていますし、競合と比較しての価格設定や次期製品に期待したいところです。