【レビュー】Razer Blackwidow 2019 緑軸採用のゲーミング・キーボード

razer-blackwidow-2019-reviewゲーミングPC・周辺機器

Razerブランドから発売されているゲーミングキーボード「Razer Blackwidow(2019年版)」の緑軸/グリーンスイッチモデルを購入したので、レビューしていきます。Cherry MX Blueにも似たクリッキーなタイプの緑軸を採用したキーボードで、筆者自身クリッキーなモデルは久しぶり。

MX Blueをはじめとしたクリック音とフィードバックの強いスイッチの中では個人的に一番好みが緑軸であり、久しぶりに触ってみてやはり感触がCherry MX Blueより良かったので購入したのですが、ゲームプレイの面ではやっぱり重すぎるなと感じた部分もあったので、レビューとしてまとめておきます。

スポンサーリンク

Razer Blackwidow 2019 メカニカル・キーボード レビュー

Razerが発売したゲーミング向けのメカニカルキーボード「Blackwidow」シリーズといえば、ブランド内では中位に位置する製品群。

Razerオプティカルスイッチを搭載したHuntsmanシリーズが最上位モデルだとして、メカメンブレンやメンブレンキーを搭載したOrnata ChromaやCynosa Chromaがエントリー向けだとすれば、BlackWidowシリーズは価格面で中位といえます。

razer-blackwidow-2019-review

(Razer Blackwidow 2019 日本語配列版)

そのBlackwidowシリーズにもElite版や緑、黄、橙軸の異なるスイッチを採用したモデルが登場していますが、今回購入したのは緑軸を採用したRazer Blackwidow(2019)です。キーボード自体はテンキーありのフルサイズタイプ。109キーの日本語配列です。

Cherry MXの青、もしくは他社のクリッキータイプのスイッチが重すぎると感じており、基本は赤軸系リニアタイプを好む筆者ですが、久々にRazer グリーンスイッチを触る機会があって、心地よい打鍵感で衝動買いしていました。

(Windowsキーを無効にするゲームモードなど一通りの機能は搭載されていますが、フルサイズのゲーミングキーボードとしてのハードウェアキーやボタンはいたってシンプルです)

razer-synapse-software-blackwidow2019

(Razer Synapseソフトウェアから、Chroma RGBライティングやマクロを設定可能)

Razer BlackwidowとBlackwidow Eliteの違いですが、大きく異なる点はElite側にマルチファンクションダイヤルが搭載されている、パームレストがついてくる、黄軸や橙軸のモデルも用意されている、などです。また 2019年版の無印BlackwidowではNキーロールオーバー、Synapse 3に対応したことも旧モデルとの違いとしてありますが、ロールオーバーに関しては筆者の使い方から10キーでも十分でしたし、正直価格が安ければ旧モデルでも良いかなという印象。

blackwidow-elite-2019

(より価格の高い上位モデルとして、パームレスト付属、コントロールダイヤルなどが付いたElite版があります。Razerのソフトパームレストは非常に快適なので、パームレスト利用派はEliteでも良いかも)

個人的なキーボードの使用感からパームレストはゲームプレイ面であまり役に立ったことがなかったですし、マルチファンクションキーも魅力を感じなかったので、こちらにしました。(そもそもEliteが買える予算を使うなら、もう少し出してHuntsmanを買うと思いますし。)旧式のグリーンスイッチを採用したBlackwidowともスイッチ自体に変わりはないので、旧式のほうが安くなっていた場合はそちらを買うとよいかと思います。

(キックスタンド付き。高さ調整はフラットを含めて3段階)

(底面には計5つの滑り止めを配置)

(ケーブル出しは上記画像のほか、両サイドからも出せます)

ちなみに日本語配列版のRazer Blackwidow 2019は、スペースキーが通常のキーボードと比較するとかなり小さめです。英語配列版はもっと横長だったりするので、ここは確認しておいたほうが良いかもしれませんね。

razer-blackwidow-2019-jis-key

(日本語配列のスペースバーはかなり小さい)

個人的にはV下にスペースバーがあればゲーム中親指で押しやすいので全く問題ありませんでしたが、プレイするゲームタイトルと指の配置によってはスペースバーが大きなほうが使い易い方もいるかもしれません。その場合は英語配列を買いましょう(私の場合は日本語配列に慣れており、仕事で大量の文字入力もするので、日本語配列を選びました)。

 

Razer グリーンメカニカルスイッチ・緑軸

  • 押下圧 50G
  • トラベルディスタンス 4.0mm
  • アクチュエーションポイント 1.9mm
  • リセット距離 0.4mm
  • 最大8,000万キーストローク耐久

ちなみにRazer独自のグリーンスイッチ/緑軸ですが、似ているのは当然Cherry MX Blue、所謂青軸のメカニカルスイッチ。ただCherry MX青軸と比較するとアクチュエーションポイントが若干浅めになっており、それに伴い戻ってくるリセットポイントまでの距離も若干浅めになっています。

Cherry MX Blue(青軸)との違い

Razer 緑軸Cherry MX 青軸
アクチュエーションポイント1.9±0.4mm2.2±0.6mm
アクチュエーション VS リセットポイント0.4mm0.7mm
耐久性最大6,000万回最大5,000万回
押下圧50g50g

アクチュエーションポイントが浅いために若干高速に入力できるメリットはありますが、これは使用に慣れたキーボードによっても感覚は違いますし、普段から青軸を使っているユーザーでなければほとんどわからない部分かもしれません。

Cherry MX Blueと比較すると、Blackwidow 2019の緑軸はキーストローク耐久が最大8,000万回となっています。キー耐久に関してはLogitech/Logicool Romer-Gのような少し特殊な構造でない限りは、個人的には安心して使えます(Romer-Gは爪が折れやすい、使っていくと押下圧の感覚が随分変わる2点に悩まされた経験あり)。

razer-green-mechanical-switches

(十字に加えて、 両サイドがスタビライザーのようなものに覆われているのが特徴。現在利用しているCorsair K65よりも安定感があります)

(キートップのサイズ、字体、ライティング、指を置いたときの安定感など、全体的に不満が出ない秀逸なデザイン・設計)

razer-blackwidow2019-jp-spacebar

(スペースバーは狭めですが、スタビライザーを搭載。ほかのキートップ同様、指を置いたとき・押下時は安定しています)

クリッキー系のスイッチは「音がうるさい」のが人によっては気になったりしますが、緑軸もカチカチと音が鳴ります。青軸と比較すると早くて少し高めの音がする、というのが個人的な感覚ですが、クリッキータイプという点では共通点が多いので、触って試してみる他ないでしょう。

ではグリーンスイッチを搭載したBlackwidow 2019の全体的な印象ですが、打鍵していると青軸と比較してシャープでスピーディーな感覚があるというか。それがアクチュエーションポイントやリセットポイントの違いなのか、最適化されたクリッキーな感覚なのかは判断が難しいところですが、青軸と比較するとスペックの数値以上に打鍵が心地よい感覚がRazer グリーンスイッチにはあります。そのため、クリッキータイプのスイッチではRazer Greenをおすすめしたいところ。

注意点ですが、Razer GreenもCherry MX Blueもそこそこ重いです。指の感覚としてCherry MX Redのスムーズな感覚や起動ポイントに慣れていると、クリッキータイプのスイッチはゲームプレイも業務上の打鍵もかなり指が疲れました。

これもどのスイッチに慣れているかという部分につきるのですが、ゲームプレイにしても、例えばApex LegendsではCtrlキーでしゃがみ・スライディングを多用するのですが、クリッキー系のスイッチだと重すぎて小指がかなり疲れてきます。長時間のゲームプレイだともはや小指が痛くなるレベルで、個人的にはかなり厳しい状態でした。もちろん慣れの問題なので、Cherry MX Blueに慣れている人なら逆に赤軸が軽すぎると感じるかもしれませんが。

クリッキーなスイッチは押下圧の重さとアクチュエーションポイントの分かりやすさから「キー誤爆しにくい」と言われたりしますが、リニアな赤軸も感覚が慣れてしまえば意図した押下なら誤爆しないと思いますし、緑軸をしばらくメインキーボードとして使ったあとも、リニア系、もしくはタクタイル系のスイッチのほうが、どんなシチュエーションにも対応しやすいと感じました。

全体的な感覚としては、Cherry MX青軸よりはずっとタイピングが心地良いのがRazer緑軸といった印象です。Razerの独自スイッチと同時にキーボード全体のビルドクォリティも高いので、ほとんどのCherry MX 青軸搭載キーボードよりもRazer Green Switch搭載モデルが個人的にはおすすめです。

スポンサーリンク

青軸派ならRazer Blackwidow 2019 緑軸はおすすめ

改めてしばらくRazer グリーンメカニカルスイッチのBlackwidow 2019を使ってみて、Cherry MX Blueと比較した場合には、全体的な打鍵感が青軸より心地よいのが印象的でした。クリッキータイプの中では、Razerのインハウス系グリーンスイッチを搭載したRazer Blackwidow 2019をおすすめしたいところです。

同時にリニア・タクタイル系のスイッチとは明らかに異なるので、まずは自分の好みに合わせて、クリッキー・タクタイル・リニアのどれを使うかからキーボード選びを始めるのがベストとも感じました。Razerグリーンスイッチがクリッキータイプの中では優れているとしても、結局リニア・タクタイル派が使うと、そもそも好みのメカニカルスイッチに戻ってしまうことが多いので。

またRazer内でも別製品では黄軸、橙軸を搭載したスイッチもあるので、これらも試してみると良いかもしれないですね。