最近の高価格イヤホンについての書簡

jvc-voctor-ha-fw10000

久々の日常ブログ。最近SONYやJVCケンウッド(ビクターブランド)から高価格のイヤホンが登場しているので、少し思っていることについて描いてみます。

2018年後半発表の高価格イヤホン

2018年後半になってポコポコと日本国内のメーカーからハイエンド機が発表されていて、10万円以上、もしくはそれに近いの高価格モデルが一気に登場したような気がしてきます。

オーディオは個人的にも趣味の世界だと思いますし、破産しない程度に高いものを買いたいなら買えば良いし、予算内でコストパフォーマンスを重視したいならそうすれば良いとは思いますが、ここまで高価格のモデルが今まで出してなかったブランドから出てくると、色々気になるところがあります。

SONY IER-M7/M9

sony-ier-m9-m7

ソニーから、新たにIER-M7と、IER-M9の2製品が発売されました。価格は前者が税込8万円超え、後者は税込で約14万円です。

IEM、特にアーティスト用のステージモニター、PAエンジニア用のモニターをターゲットに設計しながらもエネルギッシュな音質が特徴でリスニング用にもどうぞらしいのですが(結局どっちなんでしょうね)、IER-M9に関しては5BAずつを左右に搭載したマルチドライバー型イヤホン。

SONYブランド内ではMDR-Z1Rに迫る価格設定で、 イヤホンとしては最上位モデルということになりました。


JVCケンウッド(Victor)HA‐FW10000

jvc-voctor-ha-fw10000

JVCケンウッドからは、Victorブランドから「HA-FW10000」という弩級モデルが登場します。

10周年記念のフラグシップモデルだそうで、日本産の楓(かえで)を使ったり、新開発のドライバーユニットを搭載したり、ハウジングからMMCX端子を分離した構造を採用したりと色々気になる点はあるのですが、想定価格が18万円前後。そこそこのカスタムIEMが買えてしまう値段です。

Victor JVC HA-FW10000 WOODシリーズ カナル型イヤホン リケーブル/ハイレゾ音源対応 ブラック
  • JVCケンウッド
  • Amazon価格  ¥ 174,746 ¥ 192,240
  • 販売者 Amazon.co.jp

Audio-technica ATH-CK2000Ti/CM2000Ti

audio-technica-ti

オーディオテクニカもTiシリーズを発表し、イヤホンではATH-CK2000TiとCM2000Tiが発売されます。最上位モデルは8万円前後になるとのことなので、オーディオテクニカも有線モデルはハイエンドにシフトしている印象。

オーディオテクニカ ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホンaudio-technica ATH-CK2000TI
  • オーディオテクニカ(audio-technica)
  • Amazon価格  ¥ 86,270
  • 販売者 アダチカメラ

オーディオテクニカ ハイレゾ対応 インナーイヤー型イヤホンaudio-technica ATH-CM2000Ti
  • オーディオテクニカ(audio-technica)
  • Amazon価格  ¥ 53,870
  • 販売者 e☆イヤホン【イヤホン・ヘッドホン専門店】

書簡

最近は街を歩いていても、家電量販店をみてもワイヤレス一色。今後は低価格帯から中価格帯まではワイヤレス製品に、有線の音質を重視したイヤホンに関してはさらに高価格帯が増えて、2極化するのかなとも感じます。

昨今のワイヤレスブームはAirPodsの登場による完全独立型イヤホンの認知度向上や、Appleが3.5mmイヤホンジャックを廃止した頃から無線の波が押し寄せた、みたいな感覚で個人的には捉えていますが、一方で音楽再生に特化したDAPはiriverのAstell&KernシリーズやSONYの100万円近いDMP-Z1や20万円クラスのNW-WM1Zをみても、高い製品はガンガン高いという状況です。

世間一般でいえばスマートフォンで音楽を聴く層が大多数かと思いますし、オーディオ性能重視の有線製品やDAPが高価格になり2極化していくのは、なんとく納得できる部分もありつつ、DMP-Z1のような100万近い製品が出てくると流石に手がでないよ、と思ったりも。

高価格の製品が登場すること自体は別に良いと感じていて、単純に予算内で音質が価格に見合うと感じるなら買えば良いですし。ただしハイエンドに集中することで、有線イヤホン全体の価格が上がる可能性があるのは少し怖いなとも感じています。

最近の個人的なポタオデ事情など

最近の個人的な事情でいうと、自宅では有線のイヤホンやヘッドフォンを利用しつつ、外出先ではもうワイヤレス・イヤホンを利用することが多くなりました。理由は単純で、DAPやポータブルアンプなどの持ち運ぶ荷物が減ること、また完全ワイヤレスの利便性が優ってしまうからです。(ちなみに自宅では最近ヘッドフォンでFostex TR-X00、イヤホンは今だにを利用しています)。

aiuto AZLA 密閉型イヤホン/Lunatic Silver/ AZLA-01R-SLV
  • アユート(aiuto)
  • Amazon価格  ¥ 26,980
  • 販売者 STAR STORE

外に出ている時は何かしら調べ物をしていたり人と会ったり、そもそも音楽に没頭できていないことが多いような気がしてきたので、外出先では音質はそこそこに、利便性を重視した左右独立型を利用することが多くなっているのが現状です。ただ左右が繋がったBluetoothイヤホンと比較すると音質や接続の面ではまだまだ成長期にあるジャンルなので、絶対的におすすめしたいイヤホンがないとも個人的には感じています。

今年はNFMI対応製品はじめ完全にケーブルのないイヤホンでも接続に関しては安定しているものが増えてきたので、あとはどれだけ高音質と接続の安定を両立させたモデルが出てくるか、に注目しています。

…ただ完全ワイヤレスのイヤホンは2018年後半時点で3万円前後が高価格と言える水準ですし、まだ5万円以上の価格設定で音質に見合った製品がない状況は今後どうなるのか、ここが2019年は気になるところです。

当然価格だけで決まるものではないですが、やっぱりそれなりの価格のものが音質も良い傾向はあるわけで。ワイヤレス製品は内部プロセッサーなどデジタルのところで進化が早いですし、2019年にはキラー製品が登場することを願います。