Let’s Note CF-NX2を中古購入。第3世代Intel Core i5でも意外とイケる

lets-note-cf-nx2Windows

パナソニックのノートPC「Let’s Note CF-NX2」を中古購入したので、レビューしてみようかと思います。このPCは随分前に発売されたWindows PCで発売時のOSはWindows 7、第三世代のCore i5を搭載したモデルを購入しました。

このシリーズはバッテリー問題発生の該当機種なので購入は全くおすすめできませんが、今回のレビューとしては、当時発売された高性能のノートPCが、現在のCore M、Pentium、Celeronを搭載した機種と比較して十分使えるかどうか?というところを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

Let’s Note CF-NX2 Intel Core i5-3320M版

今回購入したのは、Panasonicから発売されたLet’s Note CF-NX2です。Core i5 3320Mという型番のプロセッサーを搭載しており、これは第三世代Ivy Bridgeベースのモバイル向けCPUです。22nmで、チップが登場したのは2012年とかなり古め。GPUはオンボードのIntel HD Graphics 4000。OSはWIndows 10 Homeにアップデート済みです。

CPUは2コア/4スレッドの2.6GHz、Turbo Boost時は3.3GHzです。発売当時としてはなかなか高性能なプロセッサーだったはずです。古いチップですでに大量にベンチマークスコアも出回っていることから、今回は使った感じで印象を書いていきます。

lets-note-cf-nx2

第三世代であってもさすがはCore i5で、以前レビューしたSurface Goよりも明らかに動作は快適でした。Surface GoのCPUはPentium Gold 4415Yかつ2017年Q2に登場したプロセッサーで、14nmということもあって以外と良い勝負ができるんじゃないかと思っていたのですが、明らかに第三世代Core i5のLets Noteのほうが高速です。

もちろん4415YのCPUは2コア/4スレッドのベース周波数1.6Ghz、TDPに関しては4.5Wの省電力プロセッサーなのであれですが、それにしても、性能自体は数世代前のIntel Core CPUのほうが圧倒的に速い点には少し驚いています。CeleronラインについてもPentium Goldよりは性能が下なはずなので、同じような結果になるかと。

lets-note-cf-nx2-panel

lets-note-cf-nx2-keyboard

(古いモデルなのでメモリはDDR3Lですが、ビジネスモデルということもあってメモリ換装はかなり楽)

ディスプレイは12.1型で、ビジネス向けLets Noteなので画像編集などにはよろしくありませんが、それでもSurface Goや(大画面モデルを除く)iPadのようなタブレットと比較すれば作業スペースは取りやすいですし、無線LAN対応、有線LAN対応、BluetoothもOKで、かつレッツノートシリーズらしく筐体が軽いのでモバイルPCとしては明らかにこちらが優秀ですね。

残念な点としては、中古品で発売時期も古いため、バッテリーは全然持ちません。せっかくの小型筐体で持ち運びやすい軽さなのに、数時間したら電源必須という状況はかなり悲しい。自宅で使うには12.1型というと少し小さいですし、家にいても一日作業すると電源につなぐ時間のほうが長かったりして、Lets Noteの良さは全く活きていません。

それに追加して、CF-NX2はバッテリー問題があり、近い型番の対象製品によっては交換回収があったり、バッテリー診断・制御プログラムが配布されたりしました。リコール社告後はバッテリー交換は行わず、ソフトウェアのプログラムによって発火の危険を回避する、というやつです。このプログラムを利用していても長時間使える同モデルはあるかもしれませんが、とりあえず筆者が中古購入したCF-NX2はまったくだめですね。モバイル用途では使い物になりません。

lets-note-cf-nx2-battery

lets-note-cf-nx2-power-toggle

(バッテリー駆動はできるが、電池はほとんど持たない)

総評としては、世代の古いCPUでも、最新モデルのPentiumやCeleronに性能面では十分勝てたりして、OSがWindows 10へアップデート済みであったり、各種不具合などがなければけっこう快適に使えます。今回のCF-NX2に関してはバッテリーがかなり消耗、もしくは不具合なのでまったく他人にはおすすめできませんが、もしそういった問題のないPCが中古で見つけられるのであれば、コスパを考えると今のモバイルノートPCを買わずに、数世代前の激安ノートPCを買うのもありな気がしてきました。

当然中古品なのでそれなりの不具合が覚悟できれば、というところなのですが。例えば現行のラップトップPCで性能を我慢して最新モデルを買うよりは、型落ち快適なPCを安く買ったほうがコスパが良かったりはしますからね。