【レビュー】Noble Audio FALCON・完全ワイヤレスイヤホン

noble-falcon-review-1イヤホン・ヘッドフォン

久々のイヤホン実機レビュー。今回は米Noble Audioから登場した「FALCON」です。ノーブルオーディオ自体は以前からIEMでお世話になっていて、IEMブランドからのTWSイヤホン発売ということで気になっていました。購入したのはかなり前ですが、ようやく音の印象が固まってきたので、文字に起こしていきます。

発売時の価格が1万6800円と、同ジャンルではハイエンド価格のSony WF-1000XM3やApple AirPods Pro、Sennheiser MOMENTUM True Wirelessなどと比較すると抑えめなのが意外でしたが、値段としては丁度良いところに落ち着いているのかなと思います。

GoodBad
・価格に対しての音質
・装着感
・チープな質感
スポンサーリンク

Noble Audio FALCON レビュー

FALCONは、米国Noble Audioから2019年10月に発売された左右独立型の完全ワイヤレス・イヤホン。Noble AudioのIEMは筆者自身もいくつか所有していた過去があり、そこからTWSイヤホンが登場したということで個人的に気になっていた製品です。

noble-falcon-review-1

TWSの製品群では、既存のオーディオメーカーというよりはワイヤレスやヘッドセットで強みのあったJabraが台頭したり、ノイズキャンセリングやWireless製品にはもともと人気のあったSony製品が強かったり、AirPods Proが良かったりはしますが、IEMメーカーから出てきたのは結構珍しいような気がしています。

ほかのカスタムIEM系ブランドはそういったTWS製品を出しているところが少ないですし、そういう意味では以外な製品。FALCONの価格も発売時1万6800円とかなり安い設定だなと当時感じました。

デザインはとてもシンプル。サイドのコントロールボタン部分にはNoble Audioの王冠ロゴが配置され、 ケースも小さめでえ持ち運び易いのが◎。ケースの充電USBポートはType-Cで、このあたりは出先にて最近のAndroidスマートフォン用USBケーブルで充電を併用するにも便利。ケースや本体の素材感はAirPodsやWF-1000XM3と比較すると値段なりな印象です。

内部には6mm Dual-layered Carbon Driver(D.L.C)を搭載。公式情報によれば樹脂ドライバーにカーボン・ファイバー層を重ねているそうで、この辺りはメインの解像度などに影響してくる部分かと。

noble-audio-falcon-driver

Bluetooth 5.0対応で、オートペアリング機能あり。チップにはQualcomm QCC3020を採用し、コーデックはSBC、AAC、AptXで、またTWS Plusをサポート。TWS+に対応していないスマートフォンで接続などもしてみましたが、Bluetoothの接続は安定していますね。普段利用していて困ったことがないです。

イヤホン本体の電池持ちは公称連続再生時間が、音量最大時で5.5時間、音量70%程度で10時間としていますが、ぶっ続けで音楽を聴かない限りは、イヤホンだけで1日十分使える電池持ちです。

充電ケースはイヤホン本体を3回程度充電できるので、充電ケースに入れて持ち運んでいる際はほとんどバッテリーに関する心配がありません。

フィッティング・装着感・イヤーピース

FALCONがIEMメーカー発らしいと思う部分がフィッティングです。FALCONの形状は音導管というかステムにあたる部分が少し長めに、先端に向けて細く設計されており、一般的な完全ワイヤレス・イヤホンと比較すると、かなり耳奥まで押し込めました。

これによりパッシブで外部の環境音を十分軽減できており、一般的な用途、例えばバスに乗るとか街を歩くくらいのシチュエーションであれば、AirPods ProやWF-1000XM3のANCがなくともFALCONのパッシブで十分だなと感じます。

noble-audio-falcon-review-2

ちなみにこの密閉と装着感を支えているイヤーチップ・イヤーピース は、ePro audiosの「Horn-Shaped Tips」を採用。なんでもシリコン素材が柔らかく耳が快適、また特許取得の内部形状で音にも貢献しているとか(グラフェン配合で耐久性も上げてるらしい)。聴いている側としてはあまり気に留めない部分ですが。

全体的な印象としては、装着感は良いです。奥まで入れるためWF-1000XM3のように耳から落とすことも少ないですし、AirPods Proと比較しても運動中に安全な感覚を覚えました。

あえてデメリットを挙げるとすれば、耳奥に押しこめるようなイヤホンなので、EarPodsやAirPods、AirPods Proに慣れている方からすれば多少違和感があると思います。普段からIEMに慣れている方なら問題ないはず。

Bluetooth接続の安定性、ペアリング、操作インターフェース

FALCONの接続ですが、ある程度の距離でも問題なし。TWSでありながら接続も安定しており、このあたりはQualcommチップがうまく機能しているのかなと思われる部分です。コロナが問題になる以前に電車に乗って通勤していましたが、途切れが気になることはありませんでした。

noble-audio-falcon-review-3

惜しいのは、Bluetooth製品特有のホワイトノイズ。再生なしの状態では一発でわかるくらいに聞こえます。外で音楽を再生してしまえば気になりませんが、やはり視聴したい音以外があるというのは良いことではないので。このあたりはAirPods ProやMF-1000XM3などが秀逸ですね。ホワイトノイズはほかのレビューでも散見されるので、不具合というよりは仕様の可能性が高そう。

購入初期は、ケースから取り出すとペアリングモードに移行します。再ペアリングしたい場合はプレーヤー側で接続を解除すると自動でペアリングモードに移行するので簡単。

noble-audio-falcon-review-4

操作インターフェースは、両サイドについているマルチファンクションボタンで行います。ボタンは重すぎず、軽すぎず、再生停止を行うには快適です。左右どちらのイヤホンでも操作ができるのは便利ですが、一部操作はR、Lどちらかに割り当てられているので注意。

noble-falcon-interface

イヤホン本体はケースに入れると自動で電源がOFFになりますが、ボタンを3秒長押しでも切れます。

ちなみに各動作にLED表示がありますが、そのあたりは説明書に書いてあります。ちなみに私の環境ではファームウェアアップデートのアプリがまともに動きませんでした。

音質・傾向

この価格帯のTWSイヤホンとしては解像度は十分。張り出しが強く、音がまとまっているので分離に優れている感はありませんが、総じてボーカルが聴きやすいです。

パンチのあるベースも相まって、音楽的な表現力としてはAirPods Proより良い印象をもちました。そもそもAirPods Proの音に重厚さがそんなにないので、そこと比較するとFALCONは重厚な感覚を覚えます。

高域の解像度もTWSで価格を考えると十分過ぎるように感じますが、粒の良さや高いところまで流れるように出てこないので、例えばスッキリした高域でアニソンを聴きたい方には微妙そう。ロック、R&Bにはおすすめしたいところです。

良くも悪くもIEMメーカーぽくないなと感じたのも事実。TWSというジャンル上それなりに音が違うのは納得ですが、まあIEMぽくないところに良さがあるというか。リスニング用途の楽しさには長けていますね。

WF-1000XM3との比較ですが、高域の粒の良さや音場表現に関しては1000XM3のほうが勝っているように感じます。全体的な解像度や粒の良さもSonyが強いので、単純な音質だけでいうと1000XM3を選ぶかと。ちなみにFALCONはWF-1000XM3と比較して少しウォームな傾向なので、1000XM3の高域がきついと感じていた方にはFALCONをお勧めしそうです。

ただWF-1000XM3は装着の安定性に難があったり、ケースが大きく邪魔だったりするので、扱いやすさで言えば圧倒的にNoble Audio FALCONのほうが好感触でした。音も重要なのですが、TWSという製品ということを考えると、扱いやすさも音に近いくらいに重要なので。 またWF-1000XM3の価格を考えると、FALCONはコストパフォーマンスも高いですし。

Noble Audio FALCON 所感

音質・実用性・価格のバランスが取れた良い完全ワイヤレス・イヤホンかと思います。総合的にみて2万5000円~3万円クラスのTWSにも善戦できそうな製品なので、もう少し人気が出てよいような気がしますけどね。