【レビュー】Massdrop x Fostex TR-X00 半密閉型ヘッドフォン

Massdrop-x-Fostex-TR-X00-review-1

Massdropから久々、でもありませんが、ヘッドフォンを購入しました。今回は今回はFostex(フォステクス)TR-X00というモデルです。

以前Massdrop × FostexからTH-X00というヘッドフォンが発売されていたのですが、ケーブルが着脱式になってリニューアルされたのがTR-X00です。

TR-X00の中にも別の木材が採用されたヘッドフォンが用意されており、価格の安い順で、Mahogany(マホガニー)、Purpleheart(パープルハート)、Ebony(エボニー)があります。今回購入したのはもっとも安いマホガニー材を使った製品。

これまでMassdropコラボレーションのヘッドフォンはHiFiMANやAKGなどいくつかヘッドフォンを購入してきたのですが、個人的にリスニング用途であればTR-X00が最もおススメなので、少し音質などをレビューしてみようと思います。

Massdrop × Fostex TR-X00 Mahogany レビュー

Massdrop × Fostex TR-X00 Mahogany Headphonesは、バルク販売、特にオーディオ製品で有名なマスドロップのコラボレーションで登場したフォステクスのヘッドフォン。

以前TH-X00というケーブルがそのまま取り外しできないモデルがほんの少し安く販売されていたのですが、TR-X00は音質設計はそのままに、両出しケーブルの着脱が可能になった点が大きな違いです。

Massdrop-x-Fostex-TR-X00-review-2

Massdrop-x-Fostex-TR-X00-review-9

市販のFostexケーブルの種類が少ないので、Detachableになったからといってリケーブルが用意になるとか故障した際に直しやすいというわけでもないと思うのですが、少なくとも改造なしでリケーブルが可能、ということです。

一応Fostex公式からバランス接続用のケーブル「ET-H3.0N7BL」、アンバランスの交換用ケーブル「ET-H3.0N7UB」が販売されています(ただし上記ケーブルはTH900mk2用なので、RT-X00で使えるかは分かりません)。

fostex-headphone-cable

そういう理由もあって別に着脱不可のTH-X00でも問題なかったのですが、現在発売されているのはTR-X00なのでこちらを購入しました。

マホガニー使用のイヤーカップ

木材を使用したヘッドフォンも様々なものがありますが、今回購入したMassdrop × Fostex TR-X00は「マホガニー」という木材を採用しています。マホガニー材と言えばDenonのヘッドフォンDシリーズやGRADO GS2000e、FostexでもT60RPで採用していたりします(T60RPはアフリカンマホガニーだそうです)。

Massdrop-x-Fostex-TR-X00-review-5

木材なので表面の木目がそれぞれの製品で違ったりすることが面白かったりもするのですが、光沢がありながらも落ち着いたカラーで好印象。木材採用のイヤーカップを採用したヘッドフォンというのは高級モデルが多い気がするのですが、419.99 USドルとMassdropコラボレーションならではの低価格(フォスター電気の製品としては)が嬉しいです。

fostex-headphones-th-premium-series

(外観はTH Premiumシリーズに近いです)

フォステクスブランドのヘッドフォンはTH900mk2が15万円越え、TH909に関しては20万円を越えてくる価格設定で、プレミアムラインの下位モデルとなるTH610も7万円前後なので、Fostex製品と考えればお財布に優しい気がしてきます。

パープルハートやエボニー材を採用したモデルも、素材の良さを生かしたカラーデザインが印象的です。この2つに関しては聴いたことがないので、機会があれ今後聴いてみたいものです。

tr-x00-purpleheart

tr-x00-ebony

イヤーパッド

プロテインレザーのイヤーパッドです。長時間の利用と適度な装着感、頭の形に最適化したヘッドバンド設計によって必要最小限のパッドをを採用しているそうですが、個人的には少し小さめで、もう少し厚めのパッドでも良いかなと思うところがあります。

Massdrop-x-Fostex-TR-X00-review-8

Massdrop-x-Fostex-TR-X00-review-7

これはTH-X00の時にもレビューなんかで言われていたのですが、TR-X00でも同じイヤーパッドのようなので、同様でした。そのためMassdrop内でもDekoni Premium Ear Pads for Fostexがドロップされていましたし、厚めのイヤーパッドを求めて廉価な汎用品を探しているかたも結構見かけます。

そのうち替えたいとは思っているのですが、そこまで悪いわけでもないので現状そのまま利用中です。

音質傾向など

筐体のデザインなどがFostex プレミアムシリーズのヘッドフォンに近いので、高級モデルのMassdrop低価格版、という位置付けなTR-X00ですが、TH600と比較すると低域は少し抑えめになっているそうですが、それでも個人的にはリスニング向きの心地よい量感のある低域に感じます。大型フルサイズのヘッドフォンとしては鳴らしやすいので、ポータブルアンプなんかでも楽しめそうな気がします。

暖色系のサウンドでキツさがないので長時間聴いていて疲れません。高域もスムーズですが、どちらかと言えば低域に少しリスニング向けの味付けと、中域の厚みに特徴があるのかなと思います。音場も密閉型のヘッドフォンとしては広めに感じるところがあり、気持ち的には屋外の小さな会場で聴いている感覚と言いますか、そんな感じです。

バランスの良さがありながら、膨よかさもあるのでリスニング向けの楽しさも兼ね備えており、以前Massdropから購入したヘッドフォンではAKG K7xx、HiFiMAN HE4XXなどがありますが、個人的にも音質・好み共にFostex TR-X00がベストでした。

価格でいうとその3機種の中では一番高いのですが、それでも400ドル弱なのでFostexプレミアムラインの音質をある程度継承したMassdropコラボ製品と考えると十分安い価格になっていると思います。…今回購入したのはマホガニーですが、Purpleheart(パープルハート)、Ebony(エボニー/黒檀)の木材を採用した別カラーのモデルもあるので、木材の違いで聴き比べてみるのなんかも楽しそうですね。

公式ページ:Fostex TR-X00 Mahogany – Massdrop

FOSTEX プレミアム・リファレンス・ヘッドホン TH610
  • FOSTEX
  • Amazon価格  ¥ 69,584 ¥ 81,000
  • 販売者 Amazon.co.jp

FOSTEX プレミアム・リファレンス・ヘッドホン TH900mk2
  • FOSTEX
  • Amazon価格  ¥ 164,488 ¥ 192,240
  • 販売者 Amazon.co.jp

フォステクス EX-EP-91 TH900mk2用交換イヤー・パッド(ペア)
  • FOSTEX
  • Amazon価格  ¥ 7,334 ¥ 8,100
  • 販売者 Amazon.co.jp

FOSTEX 交換用ケーブル ET-H3.0N7BL
  • FOSTEX
  • Amazon価格  ¥ 29,452
  • 販売者 Amazon.co.jp

FOSTEX ヘッドホン T60RP
  • FOSTEX
  • Amazon価格  ¥ 29,797 ¥ 34,560
  • 販売者 Amazon.co.jp