【レビュー】KBEAR LARK、ハイブリッド型イヤホン

kbear-lark-reviewイヤホン・ヘッドフォン

KBEAR Larkをしばらく利用したので、実機をレビュー。KBEAR Larkは1DD+1BAのハイブリッド型イヤホンで、価格は約3,000円と低価格のイヤホンです。

低価格のハイブリッド型といえばKZはじめドンシャリ傾向が強くバランスのとれたモデルが少ない印象でしたが、今回のKBEAR Larkは中高域の表現と価格に対して十分な解像度でここまで低価格なイヤホンに仕上げてきたところが素晴らしい部分です。

今回は同価格やそれよりも高い価格帯のイヤホンと比較しての印象などをメモしておきます。

スポンサーリンク

KBEAR Lark ハイブリッド型イヤホン レビュー

KBEAR LARKは、1ダイナミック型ドライバーと1バランスド・アーマチュア側ドライバーを両側に1基ずつ搭載した、ハイブリッド側イヤホンです。

kbear-lark-review

今回は keephifi.com よりサンプル提供を受けてのレビューです。基本的に当サイトでは以前から提灯レビューになるのが嫌だったので以前はお問い合わせフォームもTwitterアカウントも持っていなかったのですが、自分がレビューしてみたい製品かつ提供品ということがレビューに影響しないという条件で受けてます。

話をイヤホンに戻すと、最近のKZブランドに良く採用されているシェル形状。亜鉛合金のフェイスプレート、カラーはパープル、グリーン、グレーの3つを用意。金属パーツ前方にKB EARのブランドネーム、後方にはヘキサゴン型がデザインされています。

kbear-lark-review-2

形状に特別な特徴はありませんが、装着感は良好です。

コネクターは2PINタイプで、TFZブランドの2PINと適合するコネクター。付属ケーブルは4芯のシルバーコードケーブルを採用しています。コネクター部分はしっかりと固定できる構造で安心感があります。プレイヤー側はL字。

kbear-lark-review-9

付属ケーブルとしては十分に柔らかいものを採用しており、KZ ZSNの付属ケーブルと比較するとより柔らかく扱いやすい印象をうけました。 タッチノイズもほぼ感じない点は良好。

kbear-lark-review-4

kbear-lark-review-6

kbear-lark-review-8

ダイナミック型ドライバーと「カスタマイズされた」BA型ドライバーを搭載とのことですが、ドライバーブランドについては言及がありません。このあたりは中華系低価格IEMドライバーでは珍しいことではないのですが。

公称スペックは感度が105dB、インピーダンスが16Ω、周波数帯域が20k – 20kHz。

スポンサーリンク

KBEAR LARKの音質

今回はWindows 10をプレイヤーに、DAC・AMPにChord Mojoを使用。イヤホンやハイブリッド側のKZ ZSNなど同価格のイヤホンを中心に比較してみました。

kbear-lark-review-5

低価格でハイブリッド型の中華イヤホンというと低域のふくよかさと高域の派手さが協調され、近めの音場表現のイヤホンが多いように感じますが、KBEAR LARKは中高域を中心に3,000円クラスのイヤホンとしては十分な解像度を保っており、根本的にKZブランドのイヤホンとは方向性の違いを感じます。

それでいながら1DD1BAのシンプルなハイブリッド側の良さも十分に残しており、例えば1DD側のTin T4と比較すると、もっと分かりやすい分離を感じることができました。曲によってはKBEAR LARKのほうが心地良さを感じたので、1万円クラスのモデルと比較して良さが見える部分は秀逸です。

音場は広くなく、狭くもなく。ただ中高域が前に出てくる特徴があり、比較的近さを感じるサウンド傾向にあります。

kbear-lark-review-7

高域もBAドライバーの良さを活かした明るめのサウンド。ここで注意書きが必要なのが、高い周波数帯域まで綺麗に伸びるというよりは、ある程度の解像度を保ったままスパッと切れるイメージです。

テクニカルな面ではシャープなロールオフ特性とも言えますし、高価格帯のイヤホンと比較すると特に高いところでボーカルがにじんだり、高域打楽器系のアタックにキツさを感じることもありました。

こういった部分ではMoondrop Blessing2のようなイヤホンがもっと優秀であります(もちろん、10倍の価格のイヤホンと比較するのはかなり酷な話です)。

低域もレスポンスは良いですが、他の帯域と比較すると控えめで、KZ系のハイブリッド側に慣れている方が聞くと引っ込みがちに聞こえるはずです。これはKBEAR LARKの帯域がフラットというわけでもなく、おそらく狙っている出音が違うということなのだと思います。

個人的な嗜好からすると、 EQで低域をほんの少し持ち上げたところよりバランスの取れたリスニング向きの出音になりました。

スポンサーリンク

KBEAR LARKの所感

低価格の他社ハイブリッド型イヤホンと比較すると中高域比重の珍しさが際立ち、特にKZ系イヤホンのハイブリッド側に不満を感じていたユーザーにとっては良い選択肢になると感じました。

1万円以上のクラスと比較すると解像度の粗さや低域の深さ、表現力の面で劣る部分を感じるのは当然ですが、KBEAR LARKの約3,000円という価格を考慮すると、 音作りの傾向と価格の面で非常に魅力的なイヤホンに仕上がっている印象です。

KB EARのイヤホンはまだそこまで機種が多くはないのですが、DLCドライバー搭載のDiamond、ベリリウムドライバー搭載のBelieveといったモデルも登場しているので、これらのモデルにも注目しておきたいところです。

購入:KBEAR LARK