【レビュー】HyperX Pulsefire Haste 59g軽量のゲーミングマウス

hyperx-plusefire-haste-review-1ゲーミングPC・周辺機器

HyperXブランドから発売されたゲーミングマウス「Pulsefire Haste」を購入したのでレビュー。約59gの肉抜き型軽量マウスで、5,980円と低価格も魅力の製品です。

非常にバランスの良いマウスでトップTierに分類できると思うので、詳細をレビューしていきます。

スポンサーリンク

HyperX Pulsefire Haste レビュー

Pulsefire Hasteは、HyperXブランドから発売された有線のゲーミングマウス。

同ブランドはゲーミングマウスのブランドとしてはそこまで認知されていないような気がしますが、Pulsefire Hasteでは肉抜きシェルを採用し、最近のトレンドである超軽量化を果たしたマウスです。

スペック・仕様

モデルHyperX Pulsefire Haste
センサーPixart PAW3335
解像度最大16000DPI
DPIプリセット400/800/1600/3200DPI
速度450ips
加速度40G
ボタン6個
メインスイッチTTC Golden防塵マイクロスイッチ
6000万クリック耐久
照明効果LED別のRGBライティング
オンボードメモリプロファイル x1
ポーリングレート1000Hz
ケーブルHyperFlex USBケーブル
接続タイプUSB 2.0
ソールの素材100% PTFE
重量59g ケーブルを含まず
サイズ長さ:124.2mm
高さ:38.2mm
幅:66.8mm
ケーブルの長さ:1.8m

シェイプ・形状・サイズ

hyperx-plusefire-haste-review-1

サイドボタン以外は左右対称のマウスで、長さ:124.2mm、高さ:38.2mm、幅:66.8mm。大きさとしてはG Pro Wireless、Razer Viper、Glorious Model Oなどに近いMサイズに該当します。

(サイズ的にはMサイズのマウス)

全体の形状はRazer Viper、Glorious Model O、Zowie FK1に近いですが、HyperX Pulsefire Hasteは両サイドにほとんどくぼみがなく、ストレートなシェイプが特徴。FKシリーズ系のマウスと比較するとこちらが大きな違いで、この形状が手に合うかが一番のポイントになります。

hyperx-pulsefire-haste-review-2

マウス中央のあたりが最高部分で、高さに関してもModel Oなどと似ています。

hyperx-pulsefire-haste-review-3

サイドボタンはModel OやViperと比較するとより出っ張っており、押しやすいボタンです。

メインスイッチ(TTC Golden防塵マイクロスイッチ)、スクロールホイール

左右クリックのメインスイッチにはTTC Golden/Goldの防塵マイクロスイッチが採用されています。

スイッチ面はボディとセパレート型になっており、指で横から押してみると若干の遊びがありますが、実際のゲームプレイ時に気になる点はありませんでした。

hyperx-pulsefire-haste-review-5

ブラインドテストでいくつかのゲーミングマウスと比較してみたところ、筆者が持っているマウスの中ではGlorious Model O(オムロン製スイッチ搭載)に近い感触です。

Pulsefire Hasteの個人的なおすすめポイントはスクロールホイールの軽さです。

このスクロールホイールの感触はGPW/GPW Superlightとよく似ており、軽く、押しやすいです。

ピンを頻繁にさすApex Legendsのようなゲームでは扱い易さを感じました。

マウスフィート/ソール(100% PTFE)

マウスフィートは100% PTFEを採用。四隅に設置されており、大きさは小さいですが、十分な厚みがあり、軽さも相まって滑りやすさを感じます。

hyperx-pulsefire-haste-review-6

最近発売されたゲーミングマウスと比較しても遜色なく、扱いやすい滑りやすさです。

センサー(Pixart PAW3335)

センサーには400IPS、40G、最大16,000DPIに対応したPAW3335を採用。

ゲームプレイ中もフリックやトラッキングに問題を感じることはなく、またLODも短かったので、マウスフィートの厚みなども含めてうまく設計されているように思います。

HyperFlex USBケーブル

hyperx-pulsefire-haste-review-4

パラコードタイプのケーブルを採用していますが、最近のゲーミングマウスの中でも、柔らかく軽いので、取り回しに長けています。

個人的にはGlorious Model Oのケーブルよりも柔らかく扱いやすいと感じたので、ケーブル面でもトップTierのマウスです。

グリップテープが付属

hyperx-pulsefire-haste-review-7

HyperX Pulsefire Hasteにはグリップテープが付属します。凹凸のしっかりついた表面で、滑り止めに役立ちます。

なくても全然使えますが、普段からグリップテープを利用しているユーザーにとっては嬉しい部分です。

スポンサーリンク

HyperX Pulsefire Hasteは低価格なハイTierゲーミングマウス

約6,000円という低価格でありながら、センサー挙動、ボタンの感触、滑りやすさ、ホイールの軽さ、ケーブルの扱い易さなど、隙の少ない優秀なゲーミングマウスです。

両サイドにくぼみの少ないFKシリーズ系とは少し異なる形状が特徴などで、そこさえ手に合えばお手頃ながらトップTierのマウスと言えると思います。