【HyperX Alloy Origins】高速な独自メカニカルスイッチ搭載のゲーミングキーボードが登場

ゲーミングPC・周辺機器

キングストンテクノロジーのゲーミングブランドHyperXから、独自のメカニカル・スイッチを搭載したゲーミングキーボード「HyperX Alloy Origins」が発表されました。

昨今のゲーミングキーボードはアクチュエーションポイントやキーストロークを浅くした高速反応スイッチが各社から登場していますが、今回のHyperX Alloy Originsも独自スイッチを開発し、高速レスポンスが一つの特徴としています。

スポンサーリンク

HyperX Alloy Origins、ゲーミングキーボード

HyperX Alloy Originsは、キングストンのゲーミングブランドHyperXから登場予定のキーボード。COMPUTEX 2019で発表された新製品ですが、独自メカニカル・スイッチの採用が特徴となっています。

HyperX Designed Their Own Switches! Alloy Origins Keyboard

HyperX Red Switch

hyperx-alloy-origins-red-switch

HyperX Red Switchは、今回のAlloy Originsに初登載される独自開発のメカニカル・スイッチ。見た目はCherry MX 赤軸のような外観ですが、HyperXブランドのスイッチです。

HyperX Red SwitchはCherry MX Redとほぼ同じのアクチュエーション圧45gを採用していますが、異なるのはアクチュエーションポイントとキーストローク。

Cherry MX 赤軸スイッチはアクチュエーション2mm、トラベル距離4mmですが、HyperX Red Switchはアクチュエーションポイント1.8mm、トラベル距離3.8mmと浅めの設定になっており、高速入力が可能な点を主張しています。また耐久性は8,000万回以上が公称。ちなみに打鍵感はリニア

「従来のCherry MXスイッチと比較して高速」を主張する独自メカニカル・スイッチはゲーミングキーボード分野でかなり増えており、例えばLogicoolはRomer-Gシリーズ、RazerのYellow Switch、SteelSeriesからアクチュエーションポイントの調整も可能なOminiPoint Switchが発表されていたりします。Cherry MX自体にもSpeedシリーズがあったりしますし、最近この分野は一気に開拓中な印象を受けますね。

alloy-origins-usb

USBケーブルは着脱式で、キーボード側に繋ぐ端子はType-Cとなっています。キックスタンドは2段階で調整可能、天板にアルミ合金を採用し、RGBライティングにも対応しています。

HyperX Alloy Originsは2019年後半に登場予定です。

HyperX Press