【レビュー】GAMDIAS HERMES E2・メカニカルキーボード

gamdias-hermes-e2 ゲーミングPC

台湾の新興ゲーミングブランドGAMDIASから発売した激安メカニカルキーボード「GAMDIAS E2」を購入したので、レビュー。

激安のメカニカルキーボードといえばAmazonで販売されているノーブランドのものや中国系ブランドのキーボードなんかがありますが、今回レビューするGAMDIASブランドは株式会社アイティーシー、PCケースやクーラー系に関してはオーディオ代理店では有名なアユートも日本国内の代理店となっているようです。

PC販売ではドスパラなんかでも販売していたので、店頭でみかけたことのあるかたもいるかもしれません。一部独特のキー配置が気になりますが、なんといっても3000円前後でメカニカルキーボードが買えてしまうメリットがあるので、メモしておきます。

GAMDIAS HERMES E2 ゲーミングキーボード(青軸)レビュー

GAMDIAS HERMES E2 には赤軸・赤軸の2つのスイッチタイプがあるのですが、今回は青軸のメカニカル・キーボードを購入しました。本来であれば個人的にはリニアなスイッチが好みなのですが、すでにRomer-G リニアスイッチのキーボードを所持しており、またHERMES E2の赤軸スイッチはすこしリニア過ぎるというか軽かったので、青軸にしています。

gamdias-hermes-e2

ちなみにこのスイッチはCherry MXなどブランド品ではなく、独自のものか、他社製のものか、とにかくCherry MXではありません。まあそれでもメカニカル・キーボードではあるので、メンブレンではないスイッチのゲーミングキーボードが格安で手に入る、というのが最大のメリットかと思います。

バックライト付きで、行ごとに合計6色が割り当てられています。Fn+Ins/Del/Endで発光パターンや点滅・点灯の変更はできるようになっており、ないよりはゲーミング製品ぽさはありますね。ただライトがスイッチ上部に配置されているせいかカナ部分は発光が薄かったりと、少しやっつけ仕事で日本語版キーという感じも否めません。まあ激安のメカニカルキーボードということを考えれば、このあたりは許容範囲で、むしろ光るだけで十分です。傾き調整用のスタンドもあり。

キートップは指紋が目立つので、定期的にクリーニングしてあげると良いかもです。天板のみは金属パーツらしいので剛性はまあまあ。キーを底打ちしたときにあたるわけでもないので特に気になりませんが、例えば入力中に天板にゆがみが発生しにくいのは良い点かと思います。低価格かつテンキーレスというのも良いですね。

スイッチは青軸らしいカチッとフィードバックのある感触ですが、一般的な青軸ほど音は大きくないような気がします。激安なだけあってキーごとの均一感は既存有名ブランドのそれには少し劣る気はしますが、十分ゲームプレイに使えるかと思います。

一部有名ブランドのキーボードと遜色ないというレビューも見ましたが、それはないですね。なんというか、反応に一貫性がない。もちろんこれは入力を続けて「多分そうかも」と感じるくらいなので、注意せずに打鍵していれば、ほとんど気にならないかもしれません。ただArrowキーの↓はほかの←↑→と比較して明らかに静かだったり、安いなりに一貫性がない部分は一部あります。ただ、価格を考えれば許容範囲なのかなと。やっぱり打鍵感が心地よいので、5,000円のメンブレン買うくらいなら、GAMDIAS E2買うよと。もちろん比較対象のキーボードや用途にもよりますけどね。

Fn+Windowsキーで、Windowsキーを無効にするゲームモードもありますし。まあWinキーが右Altの横なので、キー配置も少し面白いです。アンチゴースト、Nキーロールオーバーにも対応。キー配置といえば、真っ先に気になるのはEnterキーでしょうか。「}む」のキーが主要キーの最右に位置しており、その下に横長のEnterキーがあります。これは結構特殊で、例えば文章入力をしているときにEnterを打鍵したつもりでも「}」や「む」が入力されることが多かったので、文章入力面では少し慣れが必要ですね。ゲームプレイのみなら問題ありませんが、文書入力をメインにする方には不向きな気がします。

そんなところで、Enterキーの独自配置を除けば、低価格のメカニカル・キーボードを探している方にとっては良い選択肢かもしれません。勝ちたいなら信頼できる周辺機器をそろえるのがベストかと思いますが、やっぱりお金をかけるべきはPC本体かと思うので。テンキーレスなので、狭い机でマウス領域を広くとれるメリットもありますし。

もしくはサブのノートPCで家ではパンダグラフ・メンブレンのスイッチを使いたくないとか、そういった理由で買うようなことも想像できます。とにかく安いメカニカルスイッチを探しているなら、ありですね。全然ありです。