【レビュー】Final E1000、ダイナミック型ドライバー搭載のエントリーモデル

e1000-gg イヤホン・ヘッドフォン

Finalから発売された低価格の有線イヤホン「Final E1000」をレビュー。ファイナルといえば低価格のE2000やE3000もコストパフォーマンスの面でまだまだ人気があるように思いますが、今回のE1000はさらに低価格で、3,000円以下で購入可能なエントリーモデルです。

外観はエントリー機の感が否めませんが、アンダー3000で買えるイヤホンとしては音質でおすすめのモデルなので、確認していきます。

Final E1000 レビュー

Final E1000は、S’NEXT社のFinal(ファイナル)ブランドから発売された、有線接続型のイヤホン。今までもE2000、E3000といった1万円以下の低価格モデルはありましたが、今回のE1000は発売時点で税込2,480円と、発売時点のラインナップでは最安のエントリーモデルです。

final-e1000-design-11

以前最安だったE2000も4,280円とかなり安かったのですが、E1000くらい安いと学生も手が出し易そうですし、スマートフォンに付属しているイヤホンからのアップグレードにも良さそうですね。

それにFinalは高価格帯のイヤホン・ヘッドフォンもいくつか発売しているので、エントリーモデルから入って、社会人になったらミッドレンジの1万円以上のイヤホン・ヘッドフォンを購入する潜在的なユーザーも引き込めるような気がします。

様々な価格帯で製品を出しているとブランドイメージとしては難しいと思うのですが、Finalは3万円以下のE5000まで低〜中価格でも高い評価が多い気がしますし、最近使った機種でもSONOROUS VI(ヘッドフォン)がありますが音質は良いです。イヤホンの低価格シリーズもコストパフォーマンスの面で個人的に良い印象を持っており、今回のE1000も3,000円以下とは思えない音質です。

final-e1000-canal

筐体はFinal Eシリーズに共通した弾丸のような筐体デザインを採用していますが、素材にはABS樹脂を使っているそうで、見た目はまさにエントリーモデルといったところ。数万円、数十万円の高級イヤホンを利用している方からすると、外観で所有欲に訴える部分はあまりないかもしれません。

もちろん、E1000はシンプルなデザインとシンプルなカラーでまとめられているので、チープさは感じさせない、というより実際に安いので気になりません。色はREDを選択しましたが、少し暗めで、どちらかといえば臙脂色に近い落ち着いた色です。なにか目立たないことに重きをおいたカラーリングにさえ感じます。

final-e1000-design

内部に搭載されているのは6.4mm小口径ダイナミック型ドライバー。ケーブルはOFCケーブルを採用しています。ケーブルとイヤホンは一体型で、流石にリケーブルには対応していません。

低価格のイヤホンでは中国KZなどがマルチドライバー搭載でリケーブルにも対応した低価格モデルを発売していたりしますが、E1000のコンセプト的にはスマホで良い音を聴きたい買い替え層をターゲットにしていると思うので、実際にメインのイヤホンとして使う人はリケーブルを検討してない可能性が高そうですし、同程度の価格でも購入層はまた違うのかなと感じます。筆者のように「これだけ安い価格でどんな音が出るのか」と、興味本位で買う変則的な購買者ももちろんいそうですが。

プレーヤー側に接続する端子はL字、3.5mmイヤホンジャックで3極。そのためマイクやコントロールも付いておらず、純粋に音を聴くためのシンプルな設計です。

フィッティング・装着感

まずはケーブルですが、柔軟性のあるケーブルが採用されています。そのため取り回しは良いですが、ケーブルからの物理的なタッチノイズはそこそこ聴こえました。SHURE掛けタイプのケーブルを採用したイヤホンやリケーブルが可能なイヤホンと比較すると、小音量で音楽を聴きながら歩いている時は少し気になります。

E1000はストレートに耳に装着することもできますが、筐体がシンプルなので、着けようと思えばSHURE掛けもできます。それによってタッチノイズは改善されるのを確認できましたが、E1000はイヤーフックが付属していませんし、そもそも(おそらく)耳がけ型を前提としたイヤホンと比較するとシュアがけに最適化したような形状ではないので、 E1000を耳がけ型で使うと、意外と耳から外れたりします。

そんなこともあるのでE1000はストレートに装着して使っているのですが、その状態だとやっぱりケーブルのタッチノイズが気になります。価格の安さが最優先事項でないなら、他にタッチノイズが少ないケーブルがあるか探してみると良さそうです。もしくはリケーブルに対応したE5000、E4000を試してみるとか。

final-e1000-earpieces

イヤーピースはサイズが異なる全5セットが付属。全てシリコンタイプで、カナル型のイヤーピースとして遮音性が特に優れているような気もしませんが、シリコンタイプのシーリングとしては感触が良く、着けていて心地良いです。

サイズも異なるものが付属するのでフィッティングも楽ですし、簡素なパッケージですが5種類のサイズがすぐに試せるので、利用に重要な点はしっかり抑えている感じがFinalらしいと言いますか、良いですね。SHURE掛けを前提にしなければ、フィット感は良好なイヤホンとイヤーピースです。

音質

バランスの良さが光ります。低域も高域もそこまで強調されておらず、価格に対しての解像度は十分、長時間聴いていて疲れを感じさせないような音で、なんというか不自然さが皆無です。バランスが良いですが芯もあって、万人向けな印象。

1万円前後のイヤホンではお気に入りのFiiO FH1と比較してみましたが、Final E1000はダイナミック型一発のおかげか高域のキツさはなく、腰が据わったスムーズで聴きやすい音色です。FiiO FH1も高域にキツさがあるイヤホンではないと思いますが、E1000はダイナミック型ドライバーのみを搭載したイヤホンの良さみたいなものを感じます。距離感も遠すぎず近過ぎず、音場も広過ぎず狭過ぎず、定位もストンとおさまるので、聴いていて心地良いのが強みでしょうか。E5000を聴いた時にも感じたのですが、製品ごとに価格や音傾向のチューニングは違えど、破綻しない音のバランス感のなかで丁寧に作っている感がどの製品からも伝わってきます。

例えばKZのハイブリット型イヤホンなどはKZ独特のドンシャリな味付けがあったりして、それはそれで楽しいのですが、バランス面での破綻と長時間聴いていての疲れを感じさせることもあります。それらのイヤホンと比較すると、E1000は非常に各音域のバランスがよく、どの曲を聴いても「これで3,000円以下ならすごいね」と思えてしまいます。

final-e1000-with-dap

(最近お気に入りのFiiO M9で試聴)

欲を言えばボーカルは男女問わずもう少し潰れずに出て欲しいとか、リスニング向けにはもう少し低域が深いところまで欲しいとか、高域はもっと煌びやかに伸びて欲しいとか、もちろん色々と個人的に求めるものはあるのですが、これだけバランスが良いと価格に対してE1000の音質を否定するのは難しいです。

ただ、これだけ低価格で上手く仕上げている音傾向のせいか、面白さには欠けるかもしれません。人にもよると思いますが、個人的には低価格イヤホンには低価格イヤホンらしい荒さ、違いを求めることが多いので、例えば極端にドンシャリな傾向というのもある意味では面白みを感じますし、高域のみにフォーカスが行くシャープさ全開なイヤホンや、低域に特徴のあるイヤホンなどもそれに当たります。

そういった低価格らしい面白みというのはE1000に感じることができていないので、逆にそれだけ上手くできた製品ということなのかと。例えば友人に「3,000円前後のイヤホンでおすすめある?」と聞かれたら、候補の1つとして間違いなくE1000はおすすめすると思います。これだけ安価でありながら優等生なサウンドなので、薦めざるを得ない、という感じです。

final-e1000-jak

筆者が利用しているイヤホンもたくさんあるので、感覚として「低価格なら面白いものを」的な考えが出てしまうのですが、例えば「これからの人生で3,000円以下のイヤホンを一個だけしか使えません」と宣告されたら、多分選ぶのはFinal E1000でしょう。低価格のイヤホンにも面白い製品が多くありますが、価格を限定されたらバランスが良く長期間メインのイヤホンとして聴きたいものを選択するはずですし。

「低価格でバランスの良い音にまとめてある」のがFinal E1000の最大の特長のように感じるので、スマホ付属イヤホンからの音質向上という目的での買い替えであれば、まずは聴いてもらいたいイヤホンかなと。個人的には低価格イヤホンの基準として持っておくのも良いと思うのですが、Final EシリーズはE2000/E3000でも十分安いので、迷うところではあります。