【レビュー】コールマン ウォーカー33 – バックパック

coleman-walkler-33-l レビュー

アウトドア・ブランドのColemanから販売されているバックパック・リュックサック「コールマン ウォーカー 33」を購入したので、レビューしてみたいと思います。

サイドポケット、トップ収納、ウエストベルトなどアウトドアブランドならではの機能がいくかあり簡易アウトドア用・通学用などには便利そうですが、パソコンなど電子機器を収納するにはいくつか気になる部分もあるので、メモしておきます。

Coleman Walker 33 バックパック レビュー

Coleman Walker 33は、アウトドア製品を開発・販売しているColemanから登場したバックパック・リュックサックです。この「ウォーカー」シリーズにはいくつかサイズがあるのですが、今回は大容量の33Lをチョイスしました(ウォーカーシリーズは数字がそのまま容量です)。

coleman-walkler-33-l

バックパック本体のサイズは約33cm×51cm×22cmで、重量は730g。ナイロンとポリエステル素材を採用しており、撥水加工なので多少の雨であれば問題なさそうでした。ジッパーフラップ構造で被せているので、ジッパー部分への対策もあります。

バックパック背面にはライトリフレクターも装備。暗い夜道や、夜の町歩きの安全面でも活躍しそうです。

coleman-walker-33-reflect

背中に当たる部分はメッシュ、ショルダーストラップ、ウエストストラップも装備しており、33Lという容量もあって旅の利用には便利。クッションも快適で、肩にかかる部分は幅もあって、価格を考えれば、長時間そこそこ多くの荷物を入れても快適なバックパックです。

coleman-walker-33-shoulder

両サイドにはポケットあり。どちらも500mlのペットボトルでは少し余裕のある大きめなポケットですが、ストラップである程度は絞れます。

coleman-walker-33-side-pocket

もう一つ面白いのは、両サイドにトレッキングポール用のアタッチメントが装備されています。これは流石にタウンユースのバックパックにはない特徴で、アウトドア向けに設計されているのが分かります。

coleman-walker-33-zip

メイン収納は3つありますが、2段目はポケットが分かれているので、ここに小物を収納するのが便利です。

coleman-walker-33-top-pocket

少し気になるのは3段目の一番大きな収納スペース。スタッフバッグが入っているですが、基本的には気室分けはなく、大きな収納スペースが1つどっかりとある感じです。

またタウンユースやPC関連の収納はあまり想定していないせいか、底のクッションなどはないので、電子機器を持ち運ぶには少し不安。個人的にも、PCやカメラをそのままColeman Walker 33に入れて持ち運ぶことはないでしょうし、あるとしてもPCケースやカメラケースに入れて2重に持ち運ぶでしょう。

タウンユースを想定していないアウトドアのバックパックはドカンとメイン収納があるタイプがほとんどで、もっと大きな2気室構造の本格アウトドア向けもそうですね。

33Lであれば町歩きでの利用も想定されるのでクッションやPC、タブレット収納スペースくらいはあっても良さそうなものですが、バッグの構造的にもあくまでアウトドア用途から開発されているバックパックのような気もします。

coleman-walker-33-main-pocket

個人的に「旅行用の大容量かつガジェット収納も便利なバックパック」というのは意外と難しくて、例えばアウトドア向けがメインのタイプはPC関連の収納ポケットがなく、かつ軽量化のためか保護クッションも少ない傾向があると感じています。

なのでPC収納前提で探すとなると、どうしてもColeman Walker 33のようなアウトドアバックパックではなく、タウンユースを想定したincaseとかポーターとか。アウトドアでもPC収納が便利なノースフェイスのシャトルシリーズとかになってくるかと。

ただ、こういったタウンユースのバックパックは30Lクラスまではあるのですが、40Lに近くなると探すのがかなり難しいです。現在はincase EO travel BackpackとArc’teryx Blade 28を利用しているのですが、これ以上大きいと今度は機内持ち込みサイズとして怪しくなる可能性もあるので。一点で「これだ!」という全ジャンル対応なバックパックを探しているなら、Coleman Walker 33にときめくことはないだろうなという印象です。

Coleman Walker 33は軽量かつ大容量なので、アウトドアや通学用のバックパックとしては価格も安く良いです。例えば部活の道具を入れるような用途にはお勧めできると思います。