Apple Magic Mouse 2の便利な設定:ズーム機能(アクセシビリティ)

apple-magic-mouse-2-setting Mac

Apple Magic Mouse 2を購入してからしばらく経つのですが、標準設定の1本指ダブルタップでは好きな大きさにズームイン・ズームアウト(拡大・縮小)ができないので、そのままだとトラックパッドと比較して少し不便です。

ただ、「アクセシビリティ」→「ズーム機能」で、「スクロールジェスチャと装飾キーを使ってズーム」を使えば、「Control + マウススクロール」でほぼ自由に拡大できるので、方法をメモしておきます。

Apple Magic Mouse 2で自由に拡大・縮小(ズームイン・ズームアウト)をする設定

Apple Magic Mouse 2単体の1本指ダプルタップで行うスマートな拡大は便利なのですが、文章幅や画像幅に自動で合わせたりするだけでなので、自由に拡大してスクリーンショットを撮る場面では厳しかったりします。

その時に便利なのがアクセシビリティのズーム機能。

  1. システム環境設定→アクセシビリティを開く

mac-system-preference

2. 「スクロールジェスチャと装飾キーを使ってズーム」を有効にして、Controlを設定

apple-magic-mouse-2-setting

この2つを設定しておけば、Control + マウススクロールで、カーソルを中心に拡大表示が可能です。スクリーンショットを撮る時には便利なので、個人的にもよく利用しています。

トラックパッドのピンチ拡大と違って画面全てが拡大されるのですが、多くの場合では問題ありません。便利なので、Magic Mouse 2の設定はこのズーム機能とポインター速度速度の変更さえしておけば、個人的には終わりですね。Trackpad 2も良いのですが、それならMacBook Pro側のトラックパッドが使えますし、コピーペーストが多いときはやっぱりマウスの方が便利です。

これまではボタン割り当てが多機能なLogicool MX2 Master 2Sを使っていたのですが、操作がもっとシンプルなMagic Mouse 2に戻して良かったかなと感じています。