【レビュー】Anne Pro 2 Bluetoothメカニカルキーボード

anne-pro-2-review-1ゲーミングPC・周辺機器

Anne Pro 2をしばらく利用したので実機をレビュー。メカニカルキーボードでありながらBluetooth対応、またいくつかのキースイッチが選べて、60%レイアウトと、一般的なキーボードからすればかなり特殊な製品に分類されますが、コンパクトなサイズでデスクのスペースを取らず、また外出先で2-in-1 タブレットやPCと連携してメカニカルキーボードが使えるという点が魅力です。

今回は通販サイトのbanggood.com よりサンプル提供を受けての実機レビューですが、レビュー内容に関して提供側からの要望を一切受けない条件でレビューを受けています。

スポンサーリンク

Anne Pro 2 Bluetooth 60%(61キー)メカニカルキーボード・レビュー

Anne Pro 2は、60%レイアウトのUS配列キーボード。購入の際にメカニカルスイッチが選べる仕様で、またBluetooth対応、PBTキーキャップをデフォルト採用で1万円を切る価格が魅力の製品です。ほかの60%キーボードと比較するとワイヤレス接続機能やアローキーの使い易さから全域な使用用途におすすめできる製品なので、そのあたりを中心にレビューをしていきます。

anne-pro-2-review-1

(Anne Pro 2は60% USレイアウト。RGBにも対応)

Anne Pro 2ではメカニカルキーボード市場では少し珍しい存在で、その理由はいくつかあります。まずは60%(61キー)のUS小型レイアウト。メカニカルキーボード界隈では代表的なDucky ChannelのDucky One 2 Mini、ゲーミングキーボードでも最近はRazer Huntsman Miniなど同様のレイアウトキーボードが登場していますが、基本的には物理FキーやHome、Print Screenキー、アロー(矢印)キーなどを省略して、より小型・コンパクト化を図ったレイアウトのキーです。

anne-pro-2-review-2

(60%やTKLのメリットとして、マウスのスペースを広く使える利点あり)

anne-pro-2-review-3

(HyperX Alloy Origins Core TKLも無駄のないキーボードですが、Anne Pro 2と比較すると大きさは一目瞭然)

フルサイズキーボードと比較するとそのコンパクトさは一目瞭然ですし、一般的なTKL(テンキレース)レイアウトのキーボードと比較しても、その小ささが目立ちます。

物理的に小型なため持ち運びに便利で、またデスクの幅を取らないためにローセンシでマウスの可動スペースを広く取りたいゲーマーにもおすすめできます。個人的にはそこまでローセンシで使わないのでTKLでも十分な机のスペースが取れていますが、外出先で使う際、持ち運びを考えた時にはTKLは大きすぎるので、外出先で文章入力をす際には非常に便利。

anne-pro-2-review-usb-type-c

(USB Type-Cコネクター採用。デフォルトのケーブルはカラーもミスマッチで普通のスマホ用充電ケーブルのような品質なので、これは換装しても良いかもしれません)

60%キーボードでは先述の通りTKLと比較していくつかの物理キーが省略されていますが、FNキーやTAPキーにて代替されています。60%・61キーのキーボードは基本的に省略された物理キーをこのように補っているので、通常のTKLやフルサイズキーボードに慣れている方には、少し慣れるまで時間がかかるかもしれません。

anne-pro-2-review-7

(全体にプラスチックのボディが採用されているため、重量約635gと軽く、バックパックに入れての持ち運びも酷にならない)

anne-pro-2-software

(ObinsKitソフトウェアでのカスタマイズやファームウェア更新が可能。RGBのカラーや明るさ関連はキーボード本体でも変更できます)

アローキーのデフォルト割当が秀逸

メーカーや製品ごとにこれらのキー配置は異なるため別の60%キーに慣れている方はまたAnne Pro 2に慣れる必要がありますが、個人的に気に入ったのは、Tapキーにデフォルトでアローキーが、右下のShift(↑)、FN(←)、メニューキー(↓)、Ctrlキー(→)に割り当てられていることです。FN1キーホールド+WASDでも利用できるのですが、配置的にTapキーで利用したほうがTKLやフルサイズキーボードのアローキーの配置に近く、利用していて不自然さがありませんでした。

anne-pro-2-review-4

例えばRazer Huntsman MiniではFN+IJKLにアローキーがデフォルトで割り当てられているのですが、これは文章を入力するレイアウトとしては非常に使いにくかったりします。

またDucky One 2 miniもソフトウェアの追加で同じように割り当てができたりするようですが、正直設定が面倒という事実もあるので、デフォルトでアローキーがキーボード右下部分に割り当てられているAnne Pro 2は特に文章・コード入力の部分で扱い易い部分です。

ちなみにFN1、FN2、TAPキーのデフォルト割当は以下の通りです。

ちなみにTAPキー機能のON・OFFや感度はObinsKitソフトウェアから設定変更ができるようになっています。感度は150msがデフォルトで、150msだと普通に右シフトを一回押すと ↑ が入力されますが、長押ししても ↑ は入力されません。これが感度を上げて1000msにすると、1秒間長押しまでは ↑ が入力されますが、それ以降は入力されないという、簡単に言うとキー入力の感度調整ですね。

いずれにしてもTap Key Combinationの項目にチェックが入っていれば、TAPキーをホールドした場合は右シフトとアルファベット同時押しで大文字入力、FN1キー+Fナンバーキー同時押しでFNキー系の機能入力はできます。

感度に関しては150msが分かりやすく、特別な理由がない限りTapキー感度は変更する必要はないと思います。

特にTAPキーのアローキー割り当てが、60%・61キーのレイアウトを使っているのにTKLレイアウトを利用しているような感覚で、不自然さがほとんどありません。それにObinsKitのソフトウェアから各種カスタマイズも容易で、60%レイアウトを使っていていつも感じていた不満を一気に解消できるキーボードと言えます。

メカニカルスイッチが Cheery MX、KAILH Box、Gateronから選択可能

anne-pro-2-review-gateron

(今回はGateron Brownを選択)

Anne Pro 2の面白い点がもう一つ、メカニカルキースイッチがCherry MX、KAILH Box、Gateronの3つのブランドから選択可能です。価格を見るとCherry MXが一番高く、次点にKAILH Box、Gateronのスイッチが一番安い設定ですが、過去には赤軸がゲームにも文章入力にもおすすめと感じていましたが、最近文章入力に関してはフィードバックがある茶軸がやはり使い易いと感じていることもあり、今回はGateronのBrown(茶軸)スイッチを選択しました。

Cherry MXの特許切れから多くの独自メカニカルスイッチを搭載したキーボードが登場しましたが、Gateron茶軸はタクタイルタイプのフィードバック、2㎜のアクチュエーションポイント、全体ストロークが4㎜、押下圧が45gオペ・55gボトムと、スペックシート面ではほとんどCherry MX Brownと同じ所謂一般的な茶軸メカニカルスイッチです。

本家Cherry MXの茶軸と比較すると、押下したときのアクチュエーションポイント以降が少し柔らかくCherry MXほど跳ね返りとタイピングのシャープさが少し薄い感覚を覚えますが、お互いのキーボードをいったり来たりしない限りはほとんど違いは分からないはずです。このあたりの感覚は個体差な可能性もあるので、一般的なCherry MX茶軸系を思い浮かべていただくと良いかと。

どのサイトでもCherry MXと比較して2,000円~4,000円程度Gateronスイッチ版が安いので、個人的にはCherry MX Brownを選ぶ理由が価格の違いほどないと感じます。またAnne Pro 2はBluetooth対応、メカニカルスイッチ搭載ながら1万円を切る価格が魅力だったりするため、Gateronスイッチが経済的にもおすすめな気がしています。

ダブルショットPBTキーキャップ

anne-pro-2-review-5

(キーキャップ1つ1つを確認しましたが、どれもRGBライトの通りや文字に品質面で問題もなく、デフォルトのキーキャップとしては非常に優れているように思います)

Anne Pro 2にはデフォルトでPBTキーキャップが採用されており、こちらも購入する上でのプラスポイント。手触りは多くのキーボードが採用しているABSキーキャップと比較するとサラサラしており、キーキャップの透明部分に映るRGBも綺麗で、1万円を切るメカニカルキーボードの品質としては非常に良いクォリティのように感じます。

ABSのキーキャップは特に皮脂っぽい指で使うとベタベタになる点が問題で、個人的にもゲームでよく使うキーキャップに関してはPBTのものに換装していますが、Anne Pro 2はデフォルトでそういった問題もすでに解消できているので、キーキャップの変更をする必要がない点も秀逸。

Gateronキースイッチのキーキャップに関してはCherry MX Brownの+型と互換性があるので(というと語弊がありますが、型が基本的に同じなので)、USレイアウトの一般的なキーキャップとの換装は問題なしです。

Bluetooth接続機能

anne-pro-2-review-6

Bluetooth機能はバックサイドにON・OFFのスイッチがあり、 FN2キー+F1~F4キーで対象のデバイスとペアリングします。Windows、Macはもちろん、AndroidやiOSデバイスにも問題なく接続できました。※販売サイトではBluetoothモードはWindows 7/8/10、Mac、Linux対応としています。

メニューキー(FN2キー)+F8でバッテリーインジケーターをカラーで表示できる機能もあり。どのBluetoothチップを使っているか不明ですが、今回の提供元の情報ではBluetooth 4.0記載。obinsの公式サイトではBluetooth LE5.0の記載があるのでこのあたりの公式スペックが不明ですが、Bluetooth 4.0のワイヤレスアダプターを利用して特に問題ありませんでした。

USB Type-Cケーブルを採用しているので充電はAndroidスマホの充電ケーブルと併用できたりしますし(充電対応は要確認)、ノートPCで外出先にて作業をする機会が多いけれどもメカニカルキーボードを使用したい、Surfaceなど2-in-1系のデバイスと組み合わせて使うなどの環境が非常に便利です。

スポンサーリンク

Anne Pro 2 Bluetooth メカニカルキーボード 所感

全域に対して秀逸なキーボードです。特に1万円を切る60%キーボードとしてはPBTキーキャップがデフォルト搭載、アロー入力関連でのTAPキーデフォルト設定の扱いやすさ、またBluetooth接続対応かつコンパクトで外出先でも使い易く、Anne Pro 2は個人的に感じていた60%レイアウトの不満点がすべて解消されているキーボードです。

不満といえば傾斜調整用のキックスタンドが搭載されていないこと、バッテリーが1週間は持たないくらいで、好みに合わせてスイッチが選べますし、有線ではゲームプレイも問題なし、無線では外出先の作業に便利、FNキーでBluetooth接続やRGB関連もデフォルト設定でほぼ完結するなど、欠点を見つけるのが難しい製品でした。

Anne Pro 2は60%キーボードをゲーム用に使っているけれども仕事で文章入力も多用するユーザー、低価格でコンパクトなワイヤレス対応のメカニカルキーボードを探しているユーザーへおすすめしたいところです。

購入:Banggood – Anne 2 Pro [Gateron Switch]