【レビュー】アディダス TERREX TIVID MID Winter CP、冬用の防水シューズ

adidas-terrex-tivid-mid-winter-cp-review-2 シューズ

冬用シューズとして「アディダス TERREX TIVID MID Winter CP」を購入したのでレビュー

普段はADIDAS Ultraboost Climaを利用しているのですが、通気性を重視したランニングシューズなので悪天候下では全く使い物になりません。…そんな理由もあって(また雪が降る地域でも使いたいという理由もあり)TERREX TIVID MID Winter CPを買いました。

ミッドカットで防水性能を備えながらも、デザインをすっきりまとめたモダンブーツといったところですが、価格もお手頃で手の出しやすい冬用ブーツかと思うので、サイズはきつめですがありです。

アディダス TERREX TIVID MID Winter CPを冬用ブーツとして購入

adidas-terrex-tivid-mid-winter-cp-review-2

今回レビューをするのは、アディダスのアウトドア・レーベルTERREX(テレックス)から発売されているシューズ「アディダス TERREX TIVID MID Winter CP」。冬用のシューズ・ブーツとしてAdidasからリリースされている製品で、防水性能やミッドカットなど機能性を持たせながらもモダンな外観が特徴です。

Climaproof(クライマプルーフ)というブランディングで防水透湿メンブレンを採用しており、悪天候でも雨の水が靴内部に入りにくい設計。

adidas-terrex-tivid-mid-winter-cp-review-3

実際に雨の中を歩いていても、ミッドカットと合わせて、高い防水性能を備えていることが分かります。冬用シューズということで保温性も重視しているのか透湿性能に関しては疑問の残るところもありますが、アウトドア向けに機能的な設計になっているのが良いところです。

adidas-terrex-tivid-mid-winter-cp-review-5

軽量EVAミッドソールを採用し、ごついファッション系ブーツのような重さもないのはグッド。クッションに関しては特別にブランディングされた素材を使っていない(少なくとも公式サイトやミッドソールには何も記載がない)のでランニングシューズのBoost(ブースト)系やBounce(バウンス)系のような快適さは感じないものの、ファッションブーツのような接地感の硬さはないです。

サイズ感(タイト、足幅狭め、甲浅め)

adidas-terrex-tivid-mid-winter-cp-review-water-resistant

サイズ感はタイト。きつめなのでワンサイズ大きめを買うか、もしくは慣らしが必要です。アッパー素材が硬いので指の付け根も歩くたびに少し当たる感覚があるので、個人的にはワンサイズアップで購入するのがおすすめだと思います。

モダンなルックスと引き換えに多少の快適さは犠牲になっていると思いますが、そもそもTERREX TIVID MID Winter CPは冬用で(おそらく)保温性や耐久性も考慮されていることを考えれば、耐えられる快適性といったところでしょうか。

歩いたり走ったりした感触では圧倒的にTERREX AX2R GTXのほうが快適だったので、買うとするならミッドカットである防水性を重視したり、ある程度丈夫な構造を重視する方向けにおすすめしたいシューズ・ブーツです。

防水性能、雪道での利用

adidas-terrex-tivid-mid-winter-cp-review-6

アディダス TERREX TIVID MID Winter CPはその名の通りミッドカットのシューズ/ブーツなので、悪天候な環境での利用を最優先するなら、良い選択肢です。シュータンも足の甲の部分までアッパーと一体型になっているので簡単に雨の水分が侵入して来ることはありませんし、CLIMAPROOF(クライマプルーフ)とブランディングされたシューズ全体の防風、防水性も十分です。

ただ冬用ブーツということもあってかアッパー全体が厚いので(それでも普通のブーツと比較すると薄い気もするのですが)、透湿性の面ではTERREX AX2R GTXが採用しているGore-Tex(ゴアテックス)のほうが快適に感じます。また防水性能に関しても個人的にはゴアテックスのほうが良いと感じました。もちろん単純な技術だけでなく個別のシューズ・モデルによるとは思うので、気に入る製品が見つかるまで試してみるのが良さそう。

アッパーが厚く耐久性も高いですね。モダンな外観に実用性を兼ね備えているのが良いところです。

トラクション、滑り止め、悪天候下でのグリップ

adidas-terrex-tivid-mid-winter-cp-review-4

アウトソールには「adiITRAXION(アディトラクション)」を採用し、くさび形のスタッドをいくつも搭載。実際に雨の日なんかもそこそこのグリップ力を発揮してくれており、ベストではありませんが十分です。

ただしグリップ力で比較すれば、同じアディダスのアウトドア・シューズでもTERREX AX2R GTXのほうが圧倒的に上でした。AX2R GTXに関しては同じTractionでアウトソールがブランディングされていながらも、より濡れた地面で滑らないような素材が使われているそうです。実際に触ってみると、AX2R GTXのほうがギュ,ギュッとグリップします。

TERREX TIVID MID WINTER CPは街歩き、アウトドア両用で冬にカジュアルに使うようなタイプかと思うので、TERREX AX2R GTXのようなもっとアウトドア・ハイキング寄りのシューズと比較すると、妥協しなければならない部分も多いような気が。もちろんどんな用途で使うかによっておすすめ度は変わってきますし、カジュアルに履くのであれば十分すぎるトラクションです。

アウトドア用ながらデザインを兼ね備えた、両用シューズ

ウィンターシーズン用のシューズ/ブーツとしては、アウトドア向けに悪天候に耐えうるような防水性能を備えながらも、デザインは街歩きにも使えるようなシンプルかつモダンな外観で、ブーツとして考えれば軽量である点も良いですね。秋から冬にかけて、雪道もある程度人通りのある場所であるなら問題なく、お手頃価格の両用シューズとしてはなかなか良い選択肢のように感じました。

個人的にはTERREX AX2R GTXシリーズのほうが装着感・機能面で優れていると感じるだけに、デザインでTIVID MID WINTER CPにするか、機能性を最優先でTERREX AX2R GTXを選ぶべきかは迷うかもしれません。オールシーズン機能性を重視するならAX2R GTXをおすすめしますし、ルックスと冬の利用を重視するならTIVID MID WINTER CPをおすすめしておきます。