【レビュー】TERREX AX2R MID GTX ハイキングシューズ

adidas-terrex-ax2r-mid-gtx-review-2シューズ

GORE-TEX(ゴアテックス)技術搭載のハイキングシューズ「adidas Terrex AX2R Mid GTX」を購入したので、レビューしていきたいと思います。

テレックス・シリーズといえばアディダスの中でもアウトドア・ハイカー向けに設計されたシューズやウェアが多いのが特徴で、今回のTerrex AX2R Mid GTXも、GORE-TEXや、ゴツゴツとしたアウトソールにはTractionを採用しています。

TIVID MID Winter CPも持っていたのですが少し動き辛さを感じたので、悪天候用に同じミッドカットのTerrex AX2R Mid GTXを購入してみました。

低価格かつ耐水性能にも優れているので、その辺りをチェックしていきます。

スポンサーリンク

アディダス Terrex AX2R Mid GTX レビュー

adidas-terrex-ax2r-mid-gtx-review-2

テレックス・シリーズといえばアディダス内のハイカー・ブランドとして位置付けられており、アウトドア利用に適した機能的なシューズ、ウェアが展開されています。

Terrex AX2R Mid GTXも同様で、強靭なアッパーとGORE-TEXライニング、グリップ力を発揮するTractionソールを底に配置しているのが特徴です。

adidas-terrex-ax2r-mid-gtx-review-5

GORE-TEXもいくつか機能によってブランディングがあるのですが、今回のTerrex AX2R Mid GTXは防水耐久性に加えて透湿性も兼ね備えているのがメリット。アッパーが薄型のランニングシューズと比較するのは難しいですが、それでもそこそこの長時間快適に履くことが可能でした。

スポンサーリンク

防水性能(GORE-TEX)

筆者はガチンコのハイキングというよりは雨などの悪天候、また居住地の関係から冬の雪道にある程度耐えうるシューズを目的として購入したのですが、さすがGORE-TEXブランドを冠した製品というところで、耐水性能は優れていると感じます。

adidas-terrex-ax2r-mid-gtx-review-1

ハイカットブーツではないので深く積もった雪道には対処できないものの、ミッドカットであることからある程度深さのある水たまりや水はね、降り始めのビチャビチャした道路も問題なく走る、歩くことは可能です。例えば普通の雨の日に傘なしで2時間程度歩いても、水の染みを内部に感じることは今のところありません。

スポンサーリンク

履き心地(フィット感)とサイズ

甲幅はそんなに広いシューズではなく、ジャストサイズだと長時間歩行で小指部分が少し窮屈に感じました。もともと筆者は足の甲が広めなので、ゆったり履きたいならワンサイズ上を購入すると良いと思います。

楔形のスタッドを打ったTractionアウトソールを採用しているので、悪天候でもグリップはそこそこあります。EVA(adiPRENE:アディプリーン)ミッドソールもあってガッチガチのハイキングブーツと比較するとクッションもそれなりにありますが、接地面が少なめになるので、ならされたフラットな道での毎日の街歩きにはあまり向いていないかもしれません。

adidas-terrex-ax2r-mid-gtx-review-4

BOOSTフォームを搭載した「フリーハイカーシリーズ」が最近は登場したので、おそらくクッション性能やハイキング時の反発力といった面ではそちらに利点がありそうです。筆者もadidasのシューズは特別なブランディングがされていないEVAフォームからUltraBOOSTシリーズまでいくつか履いていますが、総じてBoostフォームを搭載したシューズのほうが快適なことが多いです。もちろん価格も異なりますが。

adidas-terrex-ax2r-mid-gtx-review-3

adidas-terrex-ax2r-mid-gtx-review-6

(シュータン上部以外は、アッパーと一体型)

シューレースはほどき易さのある設計で、ミッドカットの足首部分まできっちり閉めることができます。付属紐は少し滑り易さもあるので、ハイキング用なら少しタイトに結んでおくと良いかもしれません。

Terrex AX2R Mid GTXはアッパー構造のせいかTerrex TIVID MID Winter CPよりも快適な履き心地で、特に歩行時、親指の付け根がアッパーに当たって痛いことがありませんでした。この2つのシューズを比較するなら、Terrex AX2R Mid GTXをオススメすると思います。

ちなみにTerrex AX2R GTXにはローカットモデルもありますが、こちらも少しの雨くらいを防ぐのであれば問題ありません。ミッドカットを懸念している方は、ローカットモデルを選んでも良さそうですね。

スポンサーリンク

アディダス Terrex AX2R Mid GTXを履いての所感

最近は撥水性のある伸縮アッパー素材やBOOSTフォームを搭載したハイキングシューズがadidasから登場しているので歩き易さだけでいえばもっと快適なモデルはありそうですが、Terrex AX2R Mid GTXじゃ価格も手頃感があるので、悪天候に耐えうるアウトドア・シューズとしては良さそうです。

個人的に主な用途は冬の雪道用を想定していたのですが、その部分は十分満足できました。ただ日本でオールシーズン履くとなると、どうしても悪天候でない日はハイキングシューズとしてしか見れないので、軽い雨の日なんかではあればUltraBOOST All Terreinを履くことが多くなりました。

歩き易さの面ではBOOSTフォームの方が圧倒的に快適なので、今のところオールシーズン履くならUltraBOOST ClimaとUltraBOOST Terainの2つを履き回すのがベストでしょうか。街歩きも考慮すると、フリーハイカーシリーズ以外のTerrexシューズは少し遠すぎる気がしないでもないですからね。