【Wi-Fi】5GHz→2.4GHzに戻しただけで接続が安定した話

現在住んでいるところは結構広い家(シェア)なのですが、どうやらWi-Fiを接続すると 5GHz帯らしきところで私のMacBook Proのネット接続が安定せず、他のAndroidスマートフォン、iPhone、その他タブレットも差はあれど時々届いていないのかなあと感じたので、思い切ってパソコンの方の接続だけ2.4GHz帯に変更してみました。この記事を書いている時も2.4GHz接続だと思われますが、安定しまくっているので、話だけ簡単にメモしておきます。



5GHzのWi-Fiが、ワイのMacBook Proに届いていないっぽい

最近大きな家のシェアハウスに移り住んだのですが、持参のMacbook ProのWi-Fi接続が全く安定していないことに気付きました。基本的にWi-Fiというのは、

  • 5GHz – 干渉に強いが、壁とかには弱い
  • 2.4GHz – 他の機器が2.4GHz運用も多いので干渉する可能性が高いが、届きやすい

てな特性が一般的に言われているところです。基本的に2.4GHzの方が干渉しやすいとのことですが、それも周りでBluetooth機器を利用していたり電子レンジを使ったりする場合で、まあ正直速度を気にしないなら2.4GHzが届きやすくて、場合によってはこちらで運用した方が良いよね、ということに。

そして今回5GHzのWi-Fiが安定しない原因の切り分けをしていたのですが、少し違いはあれど他のスマートフォンもタブレット、その他ワイファイ接続機器も5GHzであまり安定しておらず、家を出てまわりの電波環境も確かめてみましたが、やはり「5GHzの距離や壁が多い問題で接続していない」ぽかったのです。

ということで、2.4GHzで接続してみました。

2.4GHzのWi-Fiで、概ね快適に接続した!

今回家で利用されていたWi-Fiルーターは2つの回線電波があり、おそらくですが2.4GHzと5GHzの両方飛ばせるタイプかと思います。このへんは自宅に置いてあるWi-Fiルーターによって異なるかと思うのですが、今回は「A」が5GHz、「G」が2.4GHz運用されていたので、Gの方に接続してみました。

結果、2.4GHz帯での接続でメイン機として利用中のMacBook Proではインターネット接続が劇的に安定しました。以前までは3分おきに電波が途切れる状態だったので色々試してみたのですが、今回の接続の挙動をみると、おそらくですが予想通り5GHzで家が広すぎ&壁、戸をいくつか挟んでいたので十分にWi-Fi電波が届いていなかったものと思われます。

無線LAN中継機を買う前に、2.4GHzを試してみた方が良いかもね

場合によっては無線LANの中継機を購入することも視野に入れていたのですが、今回5Ghz→2.4GHzへ接続変更しただけで改善したので、結果的に購入しなくてよかったです。

ですので、5GHzで現在繋いでいてWi-Fiが届いていないと感じていた場合は、通信速度はそこまで気にしない、頻繁に干渉する環境に住んでいない、ということなら、2.4GHz帯のWi-Fi接続に切り替えてみることをオススメします。今回はPCでの接続問題でしたが、スマートフォンにも同じことが言えるので、まずは帯域の接続切り替えをして試すと、無駄な出費を行わずに住みそうですね。