【レビュー】Ultimate Ears UE900sを聴く。個人的には合わないカモです

ultimate-ears-ue900s

Ultimate Ears UE900sのレビューです。カナル型の遮音性を高めたシュア掛け系イヤホンとなっており、日本国内ではeイヤホンがプッシュしているのか人気の高いモデルのような気がします。付属品も多くエントリーモデルとしては良いのかなと思うのですが、でも3万円近いよね…と考えると微妙なきもするのでメモ。



Ultimate Ears UE900s レビュー

今回レビューするのは、アルティメット・イヤーズのカナル型イヤホン「UE900s」です。UE900の後継モデルといったところで、MMCXコネクタ採用、イヤーピースがいくつか付いてきて、ケーブルもあって、ケースもあって、至れり尽くせりなセット内容となっています。

ultimate-ears-ue900s

ultimate-ears-ue900s

ultimate-ears-ue900s

デザインはかっこいいですね。ueの文字も良い。バランスド・アーマチュア型(BA)のドライバーを4基搭載しており、この価格で4ドラのBAイヤホンというところも注目かもしれません。

ultimate-ears-ue900s

中域が少し前に。低域は少し足りないような

中域がすこーし前にきているような気がするので、素直にボーカル曲は聴きやすいかなと思います。一応BAを低域用に2つ使っているそうなのですが、BAだからか低域のパワーが足りない印象。BAイヤホンという感じは伝わってきます。よく言えばタイトなのですが、量感が個人的には足りないと思う。

セット内容はかなりすごいですが、3万円近くと考えると、少し解像度も足りないような。BA4つ搭載の多ドラということで粒の細かい綺麗な鳴らし方と勝手に想像していましたが、思ったより高域が伸びないような気がしてます。素直に鳴らしすぎて個性が足りないのかな…?もしくは耳が多ドラハイブリッドに慣れすぎたのか、あまり好みじゃないかもしれないです。あくまで個人の好みの問題かと思います。でも、この価格ならもう少し解像感があっても良いような。

イヤホン自体の形状が耳に合わなかったということも関係しているのかもしれません。SHURE SE215はバッチリ耳にフィットするのですが、UE900sはちょっと…。 付属ケーブルだと少しSHURE掛けもしにくかったので、リケーブルを考えても良いかもです。イヤーピースも付属のものだと合いませんでした。

UE900sとは相性が悪かっただけかもしれない

正直いうと、単に個人的に好きな音とかけ離れすぎていたかもしれません。ただもう少し低域に主張があっても良いと思いますし、4BAならその分中高域に粒が細かくて良いかなと思うので、これから長期間使うことはないかと思います。販売サイトでも評価が高いので、期待値が以上に高かったのか、どうでしょうか。

他の方からは結構評価が良いモデルと認識しているので、一度視聴してみると良いかもですね。

((UE900sの購入:Amazon.co.jp))