「SONY MDR-XB50」レビュー。低音重視の低価格イヤホン

SONY MDR-XB50」低音重視のEXTRA BASS(XB)シリーズの低価格モデルを購入したので、実機レビューをしてみようと思います。Audio-technicaのSOLID BASSが個人的にあまり好きではなかったのですが、XB50に関しては3,000円程度で購入できるイヤホンとして面白いなと思ったので書いてみました。

SONY MDR-XB50のレビュー

SONYのEXTRA BASSと言えば重低音を強調したイヤホン・ヘッドフォンラインナップが特徴ですが、XBのイヤホンシリーズでは一番廉価なモデルにあたる「SONY MDR-XB50」のレビューです。

XB50の開封・デザイン

まずはパッケージの開封とデザインから。箱はこんな感じで、個人的はほとんどの家電量販店でも置いているんじゃないかくらい見かけるモデルです。

sony mdr ex50 box

背面。独自開発の12mmドライバーユニット、ベースブースターなどが特徴ですパッケージのプレゼンテーションは低価格のイヤホンなのでそんなに高級感はありません。

img_20161126_200225

イヤホン本体。BASSブースターと12mmドライバーなので本体は少し大きめですが、装着感は悪くないです。3.5mm端子でLプラグ。本体にはスピン加工が施されており、イヤホン自体は安っぽさは感じさせないデザインに。

SONY MDR MB50 1

サイド部分。SONYロゴがプリントされています。デザインは個人的に好きな部類です。今回はブラックを購入しましたが、他にもホワイト/ブルー/イエローも選べますし、カラーを選べるのもポイントでしょう(海外モデルだとレッドもあったはずです)

sony mdr xb50 driver

ケーブル分岐点はY字になっており、分岐点からイヤホン部分まで距離があるので、ケーブルが邪魔にならない構造。また少し写真では分かりにくいのですがセレーションコードを採用しているので、この価格帯のイヤホンの中ではトップレベルに絡みにくいです。

SONY MDR XB50 cable

持ち運び用のミニポーチと交換用のイヤーピース(本体付属含めSS/S/M/Lの4つ)が付属します。私の場合は標準でついているもので問題ないのですが、耳に合わなければ変えてみましょう。

SONY MDR XB50 ear chip and clip

この価格帯で購入できるイヤホンとしては十分なデザインと付属品です。では音質の方もチェックしていきます。

SONY MDR-XB50の音質評価

(よかった点)

  • 嫌味のない重低音
  • この価格帯では十分な解像度

(気になった点)

  • ボーカルが少し遠い
  • 高音の量

まずは少し気になった点を見てみます。ボーカルが遠いです。これが12mmドライバーでベースをブーストしているのが原因なのかは不明ですが、例えば宇多田ヒカルの「First Love」など、ボーカルで聴かせるタイプの曲にはあまりお勧めできないと感じました。

また高音の量も少し足りてないので、低音重視のもう少し価格の高いモデルにあるような「低音も出しつつ、上質な高音」みたいな感じではありません。ただAmazonで3,000円弱で購入できるコストパフォーマンスを考えると、これはこれでありかなという感じも。

よかった点で言うと、やはり低音強調がガツンとくる。ベースブースターと12mmドライバのおかげかと思うのですが、無理矢理鳴らしているような大砲的重低音という感じでもなく、あくまで周りを補完するような感じ。なんというか、重低音で疲れるという感覚は長時間聴いていてもありません。

また低音重視の低価格モデル、例えばSOLDBASSシリーズの低価格モデルなどと比較するとこちらの方が解像度は高いような気はします。先ほど高音の量と言いましたが、足りないと言っても重低音の低価格イヤホンでここまで鳴るなら十分なのかなーと。

あとはどんな曲を聴く人にオススメかという部分でも、結構人を選ぶイヤホンなのかなと思います。全般的には最近の低音ズンズンEDM系はおすすめかと思います。あとは重低音が楽しめるPOP系、例えば意外にもテイラー・スウィフトの「Shake it Off」なんかはありだし、MACKLEMORE & RYAN LEWISの「THRIFT SHOP」のようなアップテンポのオシャレ系な最近のHIPHOPも結構楽しめます。

ロックバンド系でいうと、ジャンルによるかも。例えばPOP寄り?なMaroon 5では「Suger」や「Moves like Jagger」など微妙だけれども、よりPOP寄りというかEDM寄りの「Don’t Wanna know」なんかは重低音イヤホンの良さを楽しめるはず。

ボーカルものは合わない、とは言っても例えば先述の宇多田ヒカルの曲はアップテンポなダンスチューン的なものもあるので、歌手というよりは曲を選ぶイヤホンがSONY MDR-XB50なのではないかと思います。

SONY MDR-XB50、重低音のコスパイヤホン・レビューまとめ

低価格で迫力のある重低音を楽しめるイヤホンとして評判通りの実力はあると思います。ボーカルが遠いですし音質の特性から聴く曲を選ぶ部分はありますが、最近ある洋楽のダンス系POP/EDMなら十分楽しめるのがMDR-XB50なのかなと思いました。

ケーブルのタッチノイズ、また特殊ケーブルによって絡むことも少ないですし、3000円程度で購入できるという意味でいうと、コスパの高いイヤホン。おそらくスマホ付属イヤホン→買換でXB50を使う人は気に入る音なんじゃないかと思います。購入は以下のサイトから。

購入:SONY MDR-XB50 Amazon.co.jp

またXB50はXBシリーズでもコスパ重視の低価格モデルなので、もっと音質にこだわるということであれば、アルミハウジングを採用した「XB70」や、16mmドライバーユニットの「XB90EX」などもう少し価格がプラスの上位モデルを選んでみても良いかもしれないです。