最近のスマートフォン・タブレットは音質にも拘る機種が多い

少しだけオーディオ好きなブログっぽいものを運営している中の人ですが、利便性から割とDAP・ポタアンなしでの音楽視聴をする時間が多いライトユーザーだったりします。すみません。完全に「音楽聴くぞ!」という時間でない限りはスマホ1台運用でして。

でも最近のスマートフォンやタブレットのスペック・機能設定を見ていくと、これら1台でもDAPやポタアンなしで行けるのかなーとか思ってたりも。

もちろん「音楽聴くのが好きだけど、まだ高級DAPやポタアン利用には手が出ていない」というオーディオ沼にはまっていない人向けの記事だということでご理解いただきたいのですが、「最近のスマホはオーディオ面も拘ってるよ」という部分を少し考察してみたいと思います。

最近のスマホはオーディオ機能も充実している

もう2016年、中の人は大学を卒業して約5年が経ちました。昔はiPhone 3GSとかドコモのMEDIASにウハウハしていたものですが、今やそんな時代は終わり、スマートフォンなしでは生きられない時代になっています。

単純な性能面で進化を遂げているのは明らかなスマートフォンですが、最近の機種はオーディオ関連もこだわりがあり、もう「ライトユーザーならスマホ1台でも音楽楽しめるんじゃない?」と思ってしまう今日この頃です。

最近発売されたauのHTC 10 HTV 32を例に少し見てみましょう。

auのHTC 10 HTV32は、ハイレゾ対応で付属イヤホンも性能十分

とか言っておいてまだ実機を試せているわけではないのですが、少なくとも、触れ込み上はオーディオ面にこだわっているのがわかります。HTC 10の一つの特徴として、スマホ本体がハイレゾ対応していて、かつハイレゾ対応のイヤホンが付属しています。

もちろんハイレゾ音源も音質を実感するには必要かとは思いますが、スペック上他のスマホについているおまけイヤホンと比較するとこれだけでもメリットです。

気持ち的にもこれだけでライトユーザーには十分な気がしますが、耳の聴こえ方に合わせたチューニングが可能な「パーソナルオーディオプロファイル」も利用可能。

htc10-personal-audio-profile

中の人は試せてないので偉そうなことは全く言えませんが、他のブログでオーディオ好きの人がレビューしているので気になる方はこちらも参考に。

参考:オーディオ好きによる「HTC 10 HTV32」レビュー! 本体スピーカー・付属のハイレゾ対応イヤホン・ハイレゾ録音の音質を確かめる -HTC速報-

またAudio専用機のように分離されたスピーカーを搭載しているので、イヤホン・ヘッドフォンだけでなく、直のスピーカーでも迫力のあるサウンドを楽しめるという触れ込みです。

htc-10-speaker

単純にこれだけ入っているのであれば、まあ実際の性能はともかく、利便性を考えると「安物のDAPやポタアン買うよりは、ライトユーザーならもうスマホ1台でも十分音楽を楽しめるんじゃないか」と思ってしまうわけです。

特にHTCはBeatsとコラボしたり(これは賛否両論だったけれど)JBLのイヤホン付属させたり、音響面には以前からこだわりを見せていたスマホメーカーの1つでした。最近はこう言った流れが他のブランドにも来ているのかもしれません。スペック面で差別化すると価格競争になってしまいますし、こう言った部分で差をつけようとするメーカーも今は多いのかもしれませんね。

フロントスピーカーが魅力のAXON 7

まだ日本では発売されていませんが、ZTEのAXON 7は海外で人気のあるモデルです。その中でも評価が高いのが「臨場感のあるフロントスピーカー」。スペックと価格のコスパもかなり好評な機種なのですが、音響面にこだわっているのは見逃せないポイント。

zte axon 7 speaker

サラウンド効果が得られる有名なDolby Atmosに対応していますし、専用チップを搭載しており高音質な音源再生が可能な点もポイントです。

screen-shot-2016-09-18-at-6-40-53-am

このように高音質音源も楽しめるし、スピーカーにもしっかりこだわっているので音源気にしなくても映画やTVドラマ視聴が迫力ある音で楽しめるし、というスマートフォンは最近増えてきたように思います。

オーディオにこだわった(?)スマホを今度は買ってみようかなあ

中の人はスマートフォンに関しては恥ずかしながらスペック重視なので普段はOnePlus 3を利用していますが、どうせスマホでの音楽視聴が多いなら今後はこういったオーディオ強化のスマホを購入するのもありなのかなと思う次第です。もちろん国内発売機種だとこう言ったモデルがXperia、HTC(Arrows、AQUOSも最近は拘ってたかな?)と、割とハイエンド機がほとんどみたいですが。

こう言った部分は元からこだわりを持っているHTCやXperiaを選びたいところですが、格安スマホでもZTEとか今はあるので、裾野はかなり広がったと思うんですよね。もちろん「スマホとDAPはDACが全然ちゃうから比べ物にならんで!」という意見もあり、結局こだわってくると最低でもポタアン必要っていう話になりそうですしね。んー。

なので「オーディオにこだわったスマホ」というのはもれなく(?)がついてくるわけですが、物によってはDAPでも微妙という声もあるしそれなら「スマホ1台で良くね?」とも思うし。結局予算とこだわりの違いになってきそうです。

でも「ライトユーザー向けの高音質スマホ」ということを考えると、「手軽に使えるオーディオ強化機種」というのは意外にありな気がしているんですよね。ほら、ハイレゾとか言われるとさ、もうプラシーボ効果が一部ではすごく生まれそうだし・・・。