SHURE SRH440モニターヘッドフォンのレビュー

SHURE「SRH440」レビュー。こんにちは、(@中の人)です。前回Audio-technica ATH-M40xを購入して音は非常にきにいっていたのですが、どうやらイヤパッドの形状が耳に合わないらしく、長時間つけれないことに気付きました。

ということで同じようなモニター系のヘッドフォンで、さらにBOSEのQuietComfort 35のような自分の耳の形にあったヘッドフォンを探していたところ、ありましたよ。SRH440。

価格は1万円前後で、実は「ケーブルがカールコードのみ」「ヘッドフォン本体にぴょこっとケーブルが出てる」「重い」などが理由で一度は購入を断念したモデル。まあでもよく考えてみたらそこまで気にならないかなとも思い、M40xと比較したいというのもあって購入してみました。・・・ではレビューいってみましょう。

SHURE SRH440のレビュー

SHUREの「SRH440」は、ブランドの中でもエントリー~ミドルレンジあたりのモニターヘッドフォンです。ちなみに2009年発売なので、今レビューを書いているのが2016年なので、すでに7年ほど立っているという意外にも古いモデル。

PCやスマホといったデバイスは一気に古くなるが、ヘッドフォンはと言えばそんなことはない。なんたって2009年あたりはiPhone 3GSとかの時代だから、SRH440はスマホに例えると「いやーiPhone 3GS少し重いけど最高だな」と2016年になっても言っているようなものですからね・・・。

・・・というくらい7年というのは長い年月だけれども、ことヘッドフォンに関しては廃れない機種がたくさんある(ワイヤレスの技術はトンデモなくなってるけども)。ということでSRH440もまだまだ人気のあるモニターヘッドフォンというわけです。

ただし発売から時間が経過していることもあって、もう世の中にレビューは溢れているし、書く前から世の中のみんなは大体知っているであろう情報しか持っていないことも十分わかっている状況。もちろんこんな記事を書いても検索上位に来るわけでもなく!

もうほとんど「あの時こんなこと思ってたな〜」という備忘録的な、個人的な感想やメリット・デメリットを述べていきたいと思います。

SRH440のメリット

  • 解像度が高い
  • サーカムオーラル(耳をすっぽり包むタイプ)が快適
  • モニターヘッドフォンの中ではかっこいい(と思う)

SRH440のデメリット

  • 重い
  • カールコード1本のみ 外で使いづらい
  • 簡単なリケーブルの選択肢が高い

SHRE SRH440の個人的な感想を述べてみる

音に関してはもうレビューが出尽くしているのであまり言うつもりもないですが、やはりモニターヘッドフォンということで1万円で買えるということを考えると、解像度は高いです。M40xよりも音場はないですが(M40xもあるとは言えないけど)、その分SRH440の方が楽器系の音は聴きやすい。制作とかで使うならSRH440かなと思うところはあります。

お目当てだった「耳のすっぽりおさまるイヤパッド」ですが、このタイプを「サーカムオーラル」というらしいです。結果的にM40xのような圧迫感もなく、耳も全部入った。いや〜快適だなーとは思ったのですが、やはり若干重い。SRH440とM40xは似ているようで一長一短だと思っていて、これはケーブルの部分にも出ているような気が。

SRH440 earpads

というのも、SRH440は方出しのカールケーブルが付属します。これが重いので、まあ外用に使いたい人からすると、すぐに1.2~1.3mmあたりのストレートケーブルに変えたくなります。・・・ただし!SHURE純正ケーブルでいうと、ストレートコードは2.1mのものしかないようで。。。

で、代替のケーブルを探すと、オヤイデ製のリケーブル用製品があるやんか!と気付くのですが、5000円以上するので結果的にコスパが少し下がるし、そもそも純正ケーブルじゃないと音が変わる可能性も大きくなりそうでなんだか・・・。

その点オーテクのATH-M40xは、もう1つ上位のM50xについて来る外用のちょっと短い純正コードを、2000円程度で購入できるんですよね。音に関して言えば純正品であればリスクは低いだろうし、しかも安い。

そう言ったことを考えると、外で使いやすいのはM40xだったりもするわけです。(ストレートの1.2~1.3mケーブルはM50xでついて来るので、そちらを購入する方が良いといえば良いのですが)

なので両ヘッドフォン一長一短であって、かつモニターヘッドフォンなので外で使うにはそれなりにリケーブルなど対策が必要になって来るわけであってですね。AKG K550 MARK2といい、なぜ自分が好きになるヘッドフォンは外で使いづらいものが多いのだろうといつも思う。

またそんなこんなで好きな部分微妙な部分がいくつかあったのですが個人的にはSRH440の方が長時間つけれるので好きかなあ。

モニター「ライク」なヘッドフォンを探すべきかな、いや違うで

ケーブル面など考えると、今後は「モニターヘッドフォン」よりも、「モニターライクなヘッドフォン」を探すべきなのかなあ。両機種共に満足はしているけど、標準セットでケーブルが1.2~1.3mで、音はモニターぽくて、解像度高くて、BASS控え目で・・・とか。

ただ「使っているうちに愛着がわく」というヘッドフォン・イヤホンというのはたまにあって、例えばケーブル探したり側圧弱めたり改造したりしているうちに、「あ〜やっと自分好みにできたわ〜」という感覚がですね、誰にでもあると思うんです。

購入:SHURE SRH440 -Amazon.co.jp-

とりあえずこの2つに関しては気に入っているので、長く使えたらいいなとは思います。


さて、ぼーっとネット探してたら、ありましたよ。モニターライクで、かつ今回感じたデメリットをクリアできそうなヘッドフォン「SW-HP11」が。と思ったら、e-イヤホンコラボかあ・・・なんかな。MMCXケーブルと厚みありなあまり好みではないタイプの部分はありますが、ケーブル1.5mでモニターライクとなんだか気になってきた。後日視聴しに言ってみようと思います。