SHURE、iOS対応のSE215m+ Special Editionを発表

オーディオ機器を提供するShure(シュア)は、iOS対応でリモート+マイクを搭載したSE215m+ Special Edition(SPE)を発表しました。

エントリーモデルのイヤホンであるSE215から低域を強化しており、すでに発売されていたSE215 SPEと同じチューニングが施されているとのこと。発売日は2016年9月末を予定しています。

SE215m+ Special Edition発表

se215m-spe ios

SE215m+ Special Editionは、SE215 スペシャルエディションをベースとしながら、iPod 、iPhone、iPadなどで利用出来るリモートコントロール、マイクを搭載したモデル。

Apple MFI認証機能で以下のような機能を使えます。

    • Apple MFI認証機能:
      • 再生、音量、通話のコントロール、Siriの使用
      • 音楽の再生/一時停止、音量の上下、次/前のトラックへのスキップ、現在のトラックの再スタート、早送り、通話の開始/終了、Siri、写真撮影
      • Apple認定保護ケース対応の3.5mmステレオコネクター
      • 一部の機能はiOSのみで操作可能
    • Androidとの互換性はデバイスにより異なります。

SE215m-SPE-A-Packaging

リモートコントロール+マイク付きケーブルとカラー以外はSE215スペシャルエディションとほとんど同じです。

スペック

  • スピーカータイプ: ダイナミック MicroDriver
  • 感度: 107 dB SPL/mW
  • インピーダンス: 17 Ω
  • 最低再生周波数帯域: 21 Hz
  • 最大再生周波数帯域: 17.5 KHz
  • ケーブルの長さ: 127 cm
  • 色: ホワイト

白の独自ケース

イヤホン本体は白いケースとなっており、すでに発売されているSE215通常モデルやSE215 SPEのクリアケースとは異なるデザインになっています。

se215m-spe_img2

MMCXコネクター

SE215シリーズ同様にMMCXコネクターを採用しているので、簡単にリケーブルも可能です。ただしSE215m+はリモートコントロールやマイク付きなのが魅力なので、リケーブルするのも…な気がしますが。それでもホワイトの本体カラーを楽しんだり音色を変えたりと、ケーブルで楽しめる部分はありそうです。

ベースモデルのSE215 SPEは下の記事で実機レビューをしています。きになる方はこちらもチェック。

関連:【レビュー】SHURE SE215 SPE-Aを買ってみた。