【レビュー】SHURE SE215 SPE-Aを買ってみた。

前回のブログでイヤホンの購入レビューをするとぼやきましたが、予告通りSHUREのSE215 SPE-A(Special Edition)を買いました。低音強化でかつ遮音性が高いということで作業用に良いんじゃないかと前々から気になっていたんですが、実は値上げしてたんですよね。ちょっと家計には痛い・・・。

今だと大体1万3500円くらい?ですかね。値上げによってコスパがどうなったか分かりませんが、ロングセラーの人気モデルということで、実際どうなんやという部分をレビューしていきます。

購入:SHURE SE215 SPE-A

SHURE SE215 SPE-A スペシャルエディションのレビュー

今回購入してレビューしていくのは、SHUREの「SE215 SPE-A」というスペシャルエディションです。何がスペシャルなんや?という部分ですが、通常モデルのSE215のより低音に厚みのあるチューニングがあるモデルになっています。

イヤホンメイン機としてSE215 SPE-Aを買った理由

まずはSE215のスペシャルエディションを購入した経緯から。

元々ヘッドフォンは作業用にBOSEのQuietComfort 35とAKGのK550 MARK2を利用していました。がっつり作業するときはQC35を使って、家でリラックスしたいときはK550MKIIを使うといった具合です。

でもヘッドフォンを何時間もつけてると、やっぱり疲れてくるんですよね。上記2機種のヘッドフォンはかなり圧も弱くて快適なモデルには間違いないのですが、やっぱりイヤホンにはない疲れとかはあるわけで。メガネをしてる時はつけるのつらいですし。

かたやイヤホンの方はというと、ほとんどこだわってませんでした。スマホに付属のイヤホンを使ったり、オーテクのコスパ重視のイヤホン使ったり。簡単に言うと、イヤホンにはお金使ってなかったわけです(お金を出せば良いというものではないけど、やっぱり値段相応になってくるし)。

それで最近、低価格ながら評判の良い「ZERO AUDIO」のCARBO TENOREというイヤホンを期待を込めて買ったんです。そしたらタッチノイズがすごすぎて、正直音質どころではなくなってしまって。

CARBO TENOREを購入した時にスマホのイヤホンもほとんど手放してしまったので「この際、1万円代のイヤホンに手だしてみるか」と思い、SE215 SPEの購入に至ったわけです。

デザイン

通常モデルのSE215はクリアかトランスルーセントブラックという2種類なんですが、SE215 SPE-Aは「トランスルーセントブルー」というクリアケースに入った限定カラーになっています。音質面でより普段の利用に適していそうな低音チューニングに加えて、この配色が今思えば購入した一番の理由だったかもしれません。

IMG_20160903_190435

SEシリーズはクリアケースが一つの特徴になっていたりするんですが、普段街を歩くようにはどうなんだろうという感じはします。SHURE掛けもあって、ファッションの1部として見られるか、ダッサイイヤホンつけてるやつとみなされるか、どっちかでしょう。このデザイン、好きなんだけどなー。

ちなみにロゴやモデル名はプリントなので、使いまくっていると剥がれてきます。この辺りは1万円程度なのでまあ納得。

音質

低音に厚みを増すようにチューニングされてるってことなんですが、元のモデルであるSE215がクセのない音作りだったということで、SPE-Aの方もそこまでドンシャリしていないです。まあイヤモニのエントリーモデルであるSE215がベースになってるから当然といえば当然なんですが。

中域の表現力が魅力な気も。私はあまり聴かないんですが、アニソン系を聴く人もありなんじゃないかなー。オールジャンルに聴けるイヤホンだと思うので、これは購入前の期待値にしっかり応えてくれた部分でした。

Screen Shot 2016-08-30 at 11.41.19 PM

遮音性が高いのと低音チューニングがあってか、ちょいと音がこもる感じはします(この辺はイヤーピースの換装で変わるらしいので、後日試したいとこですが)。あと高音は高級モデルと聴き比べると伸びない感じがあるかも。SEシリーズのエントリーモデルということなので、この辺りはスマホ付属のイヤホンや3000円前後のイヤホンをメインで利用していた人には次第点だと思います。逆にダウングレードで購入する人だと、なかなか辛いんじゃないかな。

リケーブル

SE215 SPE-AはMMCXコネクター採用の着脱可能ケーブルなので、リケーブルによる断線への対応・音の変化・デザインの変更も楽しめるモデルです。・・・ただ、まだリケーブルは試せてません。

これはだいぶ悩みますね。近くで視聴できる環境もないし。リケーブルに関してはもう少し高音にバランスのとれた音にしたいのと、本体カラーがトランスルーセントブルーと派手なので、ケーブルもとことん目立つ配色のものにしてみようかと考え中。

個人的には高音が出ると噂のRe:cord Palette 6のブルー、あとオヤイデのHPC-MXsなどは気になってます。でも、イヤーケースがクリアブルーにケーブルが赤ってのもどうなんだろうか・・・。低価格モデルながらリケーブルの楽しみがあるのもSEシリーズである面白さかもしれないですね。

遮音性

SHUREのSE215シリーズで一番のおすすめポイントと言って良いのが遮音性だと思います。実際私もこれがメインで買いました(邪道と思われるかもしれませんが、作業中にイヤホン長時間つける私にとってはかなり重要なんです。)利用環境でいうと、遮音性レベルはこんな感じです。

  • 自宅:クーラーや扇風機の音はまず聞こえない。配送物が届いた時のチャイムも気付かないことが何度かあり。
  • 電車:ほとんど周りの声が聞こえない。
  • カフェ:周りの声はほぼ聞こえない。

デジタルノイズキャンセリングとかではないのであまり期待していなかったのですが、予想以上に遮音されます。車の多い場所だと、正直ちょっと危ないレベル

これだけでも買う価値はあると思うんですけどね。集中用の耳栓兼イヤホン・ヘッドフォンとしては、1万円弱はコスパの高い選択肢のように思います(少なくともSONYNW-A25に付属でついてるイヤホンよりも、全然良いです)。

タッチノイズ

ZERO AUDIOのイヤホンで死ぬほど嫌だったタッチノイズ、あとはQC35で歩行時の打音ノイズがどうしても入るので、この辺りは是非ともクリアして欲しかった部分ではありました。結果からいうと、満足ですね。

まずはSHURE掛け。色々別なかけ方も試してみましたが、やっぱりタッチノイズ系に効果あるみたいですね。ここは安いイヤホンでもクリアできる部分ですが、高いイヤホンでもタッチノイズで音質どころでないモデルもまああるわけで。そう言った意味では買って失敗と思う可能性は少ないんではないでしょうか。

携帯性

実はスペシャルエディションはケーブルが通常モデルより短くなっており、約116cmになってます。そもそも若干長い通常モデルの162cmがあまり評判が良くなかったので、やっぱり使ってみると約1.2mのスマホに良く付属しているイヤホン長さがベストですね。

(追記:SHURE掛けの部分があるからか、ポケットに入れていると少し短く感じることが多くなりました。)

Screen Shot 2016-08-30 at 11.41.10 PM

ポーチが付属しているので、持ち運びはかなり楽です。カラビナもついてるので、バックパックとかにさげて使うこともできます。ケーブルもそんなに絡まることなく、ポーチにすっぽり収まるので良いですね。低価格帯のイヤホンだとそもそも付属ポーチがなかったりするので、初めて1万円越えのイヤホンを購入する方はそれだけでもプラスポイントなんじゃないでしょうか。

SE215 SPE-Aの総合評価

リケーブルやイヤピ交換など試せてない部分は色々ありますが、1万円弱ながら音楽を聴くにはオールジャンルなサウンドと遮音性はコスパが高いので、SHURE掛けとデザインが嫌いじゃなければ買って良いような気がします。

音質は対価格でそこそこ満足ですし、ケーブルを手軽にカスタマイズできるのが買ってからでも楽しいですね。視聴できるお店が近くにあれば、ぜひ試してみてください。

購入:SHURE SE215 SPE-A