【レビュー】SHURE SE215 SPE-Aを買ってみた。

前回のブログでイヤホンの購入レビューをするとぼやきましたが、SHUREのSE215 SPE-A(Special Edition)を買いました。低音強化でかつ遮音性が高いということで作業用に良いんじゃないかと前々から気になっていたんですが、実は値上げしてたんですよね。ちょっと家計には痛い・・・。今だと大体1万3500円くらい?ですかね。値上げによってコスパがどうなったか分かりませんが、ロングセラーの人気モデルということで、レビューしていきます。

購入:SHURE SE215 SPE-A



SHURE SE215 SPE-A スペシャルエディションのレビュー

今回購入してレビューしていくのは、SHUREの「SE215 SPE-A」というスペシャルエディションです。何がスペシャルなんや?という部分ですが、通常モデルのSE215のより低音に厚みのあるチューニングがあるモデルになっています。

デザイン

通常モデルのSE215はクリアかトランスルーセントブラックという2種類なんですが、SE215 SPE-Aは「トランスルーセントブルー」というクリアケースに入ったカラーになっています。音質面でより普段の利用に適していそうな低音チューニングに加えて、この配色も結構気に入っています。

IMG_20160903_190435

SEシリーズはクリアシェルも一つの特徴になっていたりするんですが、普段街を歩くようにはどうなんだろうという感じはします。SHURE掛けもあって、ファッションの1部として見られるか、ダッサイイヤホンつけてるやつとみなされるか、どっちかでしょう。このデザイン、好きなんだけどなー。ちなみにロゴやモデル名はプリントなので、使いまくっていると剥がれてきます。この辺りは1万円程度なのでまあ納得。

音質

低音に厚みを増すようにチューニングされてるってことなんですが、元のモデルであるSE215がクセのない音作りだったということで、SPE-Aの方もそこまでドンシャリしていないです。まあイヤモニのエントリーモデルであるSE215がベースになってるから当然といえば当然なんですが。まあDD1発なので遮音性重視ということもあって、伸びやかさや解像度はあんまりないです。ダイナミック・ドライバーのこの価格帯のイヤホンに慣れている人は、多分あんまりMIcroDriverというかBA搭載のSE425あたりまでは不自然に聴こえるカモですね。

中域の表現力が魅力ですが煌びやかさは皆無なので、それらを求める方は多BAのモデルとか、より上位モデルを狙った方が良いでしょう。あとはRHAのミッドレンジモデルとか。

遮音性が高いのと低音チューニングがあってか、ちょいと音がこもる感じはします。もともと遮音性が高くや音漏れも少ないことから、この価格帯ではイヤーピースを変えてちょっと頑張るくらいで、抜けの良さなどは期待しない方が良いです。

リケーブル

SE215 SPE-AはMMCXコネクター採用の着脱可能ケーブルなので、リケーブルによる断線への対応・音の変化も楽しめるモデルです。最近はSE215にBluetoothモデルも出たので面白いところで、ロングセラーということもあって売れまくってるんでしょうね。個人的に音質の変化というより、付属ケーブルの取り回しはそんなに良くないので変えても良いと思います。

ただSE215-SPEに関しては安い価格とそれに対する音のよさ、またフィット感からくる遮音性が持ち味だと思っているので、コスパの部分でSE215 Special Editionをリケーブルしようという気にはなれないような気がしていて、付属ケーブルで良いかなと思う部分も。

遮音性

SHUREのSE215シリーズで一番のおすすめポイントと言って良いのが遮音性だと思います。実際私もこれがメインで買いました(邪道と思われるかもしれませんが、作業中にイヤホン長時間つける私にとってはかなり重要なんです。)利用環境でいうと、遮音性レベルはこんな感じで、これだけ用に購入している人もありそうです。

これだけでも買う価値はあると思うんですけどね。集中用の耳栓兼イヤホン・ヘッドフォンとしては、1万円弱はコスパの高い選択肢のように思います。

タッチノイズ

まずはSHURE掛け。色々別なかけ方も試してみましたが、やっぱりタッチノイズ系に効果あるみたいですね。ここは安いイヤホンでもクリアできる部分ですが、高いイヤホンでもタッチノイズで音質どころでないモデルもまああるわけで。そう言った意味では買って失敗と思う可能性は少ないんではないでしょうか。

携帯性

実はスペシャルエディションはケーブルが通常モデルより短くなっており、約116cmになってます。そもそも若干長い通常モデルの162cmがあまり評判が良くなかったので、微妙に短いので、ここは結構気になります。

ポーチが付属しているので、持ち運びはかなり楽です。カラビナもついてるので、バックパックとかにさげて使うこともできます。ケーブルもそんなに絡まることなく、ポーチにすっぽり収まるので良いですね。低価格帯のイヤホンだとそもそも付属ポーチがなかったりするので、初めて1万円越えのイヤホンを購入する方はそれだけでもプラスポイントなんじゃないでしょうか。

SE215 SPE-Aの総合評価

リケーブルやイヤピ交換など試せてない部分は色々ありますが、1万円弱ながら音楽を聴くにはオールジャンルなサウンドと遮音性はコスパが高いので、SHURE掛けが嫌いじゃなければ。DD1発で同じ価格帯のイヤホンと比較すると、SE-215シリーズがこの価格帯で支持されているのはなんとなく納得です。遮音性とDD1発の音質でコスパは高いと思うので。

購入:SHURE SE215 SPE-A