イヤホン 茶楽音人(さらうんど) Co-Donguri-雫をAmazonでポチりました。

前回のブログで「最近Amazonですぐポチる癖が」みたいなことを書きましたが、また買ってしまった。「茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫」をポチりました。届くまで2日くらいあるみたいですが、購入の経緯などいろいろ書き連ねていこうと思います。

茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫を購入した理由

茶楽音人(さらうんど) ブランドは低価格モデルが前から気になっていて、その中でも現在は五千円程度で買えるコドングリの評判が非常に良かったです。一応ハイレゾにも対応していて、イヤピースもいろいろついてきて、それでいて安いと。イヤホンはshureのSE215SPEをメイン機として利用しているのですが、2点気になることがあったので、万能型として期待を込めて、コドングリ購入してみました。

Shure SE215 SPEから乗り換えで、作業用イヤホン他、万能型を求めて

  1. shureがけしかできない
  2. 低音強調で作業用には少し疲れやすい

Shure SE215シリーズといえば、所謂Shureがけが特徴ですが、耳にかける部分に調整用金具?のようなものが入っており、ストレートに耳につけるのは少し厳しいです。またShureがけだとメガネをかけている時に少し邪魔という部分もあって、なかなか長時間、どんな環境でも使うというのは難しいのかなというのは最近思ってました。それに対してCo-Donguriは通常がけとshureがけ両方使えそうということで、外出時はみみがけでタッチノイズを軽減し、室内では作業用イヤホンとして使えるんじゃないかと。

それにse215でもスペシャルエディションは低音強化で、普通の音楽を外で聴く分には厚みがあって楽しいけれども、室内で作業用となると少し疲れてくるというのもありまして。そこで「高中音」も評判が価格帯としては良く、かつ解像度も高いという噂のコドングリに白羽の矢が立ったわけです。

イヤホンレビューにはたまーに「五千円で3万円クラスの音質」 など見るけれども、 中の人の経験から行くと、あんまりそういうことを経験した試しがないです。特にコスパ重視のイヤホンなら五千円クラスで評判良いものだと1万円相当のイヤホンと同等に聞こえることはあるけど、さすがに3万とかはいえないですね。出会ったことがないだけなのかもしれないけど。

そういうわけで、今回は評判の良いコドングリさんに、1万円クラスイヤホンと音質、Shureがけも可能な利便性、作業用にも使える軽めの音という3つを求めているわけです。 日本にいるからには今のうちに国内メーカーのモデルを購入したいというのもありますしね。。さてあと2日で届きますが、どうなることやら。。。。


追記:届いて使ったので購入レビューを公開しました。なかなかの万能イヤホンでしたよ、と。

茶楽音人(さらうんど)Co-Donguri 雫(SHIZUKU)の購入レビュー