【レビュー】JVC HA-FX750

久々、でもないですが、イヤホンを購入しました。今回買ったのはJVCの「HA-FX750」という、木・ウッドドームを採用したイヤホンです。公式サイトを確認すると生産終了品となっているらしいのですが、家電量販店で税別1万2000円弱で買うことができました。生産終了品だからなのか異様な安さとなっていたので、つい手が伸びてしまったというやつですね。

最近パイオニアのXDP-300Rを購入してバランス対応のケーブルでも用意しようかなと思っていたのですが、SpotifyでEd Sheeranの曲を視聴したところFX750が価格的にも音的にもベストマッチだったのでレビューしてみます。

ウッドドーム採用イヤホン「JVC HA-FX750」レビュー

今回レビューするのは、JVCから発売されているウッドドームイヤホンシリーズの「HA-FX750」です。これより上位モデルは標準でリケーブルもできたりするのですが、音が良かったので購入してみました。

国内旅行中で邪魔だったので箱捨てちゃいました。すみません。本体には木材を採用しており、特にアコースティックギターの鳴らし方が落ち着いており、嫌味のない低音の十分な量と中域の表現力が抜群のイヤホンです。

イヤーピースはシリコンのものとメモリーフォーム型が付属するのですが、個人的には遮音性と没入感を考慮してメモリーフォームのイヤーチップを利用しています。

ケーブルは、変な扱い方をしなければ絡みにくいとは思います。端子側はストレートなので、これはL字にして欲しかったかもしれません。落ち着いたローズゴールド(?)系のカラーにウッドを合わせており、デザインは上品で好印象。…個人的にデザインはあまり気にしていなかったのですが、高級感があります。

程よい低域の量と中域の解像度。アコースティックギター、JAZZに是非

今回は「Ed Sheeranの曲をじっくり聴けるイヤホンを買おう」というのが一つ目的としてあったのですが、HA-FX750は結構良いですね。デザイン・素材が音にもがっつり反映しているので驚きました。

まずは低域の豊富な量。内部にウッドドームユニットを採用しているからか、暖色系の温かい低音域の表現が魅力。バスドラム系が心地良く耳に届くので、自然な音色で落ち着いた曲を聴くには最高です。

中域の解像感も高めで、男性ボーカルは特に聴いていてスッと耳に入ってきます。曲によってはもう少しシャープな中域でも良い気がしますが、低域を含めた鳴らし方はこれくらい暖めの音の方が聴く曲によっては嬉しかったりするもので。伸びもありますね。弦楽器でゆったり曲にはGood。Ed Sheeranの曲でいうと、「One」「Dive」「Perfect」なんかは最高。寝ホンとしても秀逸かと。ライブ音源も良いですよ。立体感もあります。

中低域の方に多めにブーストされているので、曲は選ぶかと。ONE OK ROCKなどハードロック系の曲にはあまり合いませんでした。女性ボーカル系もEDMやダンスミュージック系はイコライザーをちょいちょいいじらないとかなり辛かったりします。

MØの「Final Song」はそのまま聴けますが、他の曲はイコライザーありでないと厳しい。ピアノ系+パワーのある女性ボーカルにはGood。特にAdeleなんかはしっとり聴けますね。

ボサノバ・JAZZ系でまったり聴くにもGood。ゆったりした、落ち着いた曲調の音源で聴いてほしいイヤホンで、騒音の激しい羽田空港の一夜をリラックスした気持ちで過ごすことができました。最近聴く曲が傾倒してきたので、しばらくは手放さないであろうと思います。

今回購入したHA-FX750が買えるところ

改めて思うと、リケーブルできるならバランス接続も試せることだしHA-FX850、HA-FX1100でも良かったかもしれません。試せるならこちらも是非。