final SONOROUS VIのレビュー。すごい良い音、家で毎日1時間だけじっくり聴きたいヘッドフォン

今回はFinalのヘッドフォン「final SONOROUS VI」を購入したので音質だけレビューしてみようと思います。約7万円いかないくらいのヘッドフォンということで個人的にはそこそこ高価な部類に入るのですが、音は試聴機で聴いていたようにかなり良い感じですが、重いのとゴツいのでポータブル向きではないなと思ったので、記しておきます。



Final SONOROUS VI レビュー (ヘッドフォン)

今回購入したのはFinalのヘッドフォン「final SONOROUS VI」です。7万円いかないくらいの価格なので、普通に考えたらヘッドフォン1つに高い買い物です。

イヤーパッドは厚みはないですがフィット感は良好。ただ重いので、快適なヘッドフォンとは言えなそうな感じ。

Finalのヘッドフォンなので、デザインは似たような感じです。とにかく重くてポータブル性、快適性を犠牲にしている代わりに音が良い、という印象ですが、もうすこし詳しく見てきます。

音について:高域の余裕と広い音

final SONOROUS VIを購入して良かったことと言えば、やはり音質。特に高域の部分が澄み渡っており、何というかヘッドフォンにまだまだ余裕のある鳴らし方に感じます。何ですかね、ヘッドフォンではかなり珍しいBA搭載のハイブリッド型ということもあるので、その辺りも影響しているのかもしれませんね。

Grace VanderwaalのClayなんかと相性が良いような。ライブ収録曲なんかも音の空間というか音場というか分離もすごいかつ心地よいので、うっとり聴いていられる感じですね。低域も先ほど余裕があると感じた通り、出ていないことはないと思いますが、基本は中高域に重心があるヘッドフォンなのかな-という印象。女性ボーカルが合います。

長時間は聴けない

  • 重い
  • デカイ
  • ポータブル性が皆無

一応言っておくと、ポータブル性は皆無です。まずはヘッドフォン自体が大きいですし、装着した時にかなり重く感じます。イヤーパッドは丸型でそこまで大きい訳ではないので筆者個人の耳には包み込むような感覚はなかったですし、とにかく、重い。本体の大きさからか仰向け寝る状態でつけると左右に寝返りも打てないくらいのヘッドフォンの大きさなので、全体的にはあまり快適とは言えないのかな、と感じました。

なので、これを通勤中に電車の中で使用したりといったイメージは湧いて来ず、またケーブルは両出し着脱可能なので何とかなりそうな気もしますがケーブル長は普通のポータブルヘッドフォンといったところで、まあ一応密閉型っぽいんですが遮音性もそれほど良いとは感じなかったので、使い所ってどこなんだろうと買ってから思いました。音はすごい良いんですけどね。

自宅で1時間くらい集中して音楽を聴く用

色々気になるところはありますが音はすごく良いので、

  • 重いしデカイし、外出先での利用は個人的にナシ

という部分も含めて、仕事終わりに自宅で1時間ほど集中して音楽を楽しむ時にピンポイントで使いたいなーという気持ちです。とにかく重くて長時間つけているのは個人的に苦痛なので、行けて1時間くらいでしょうか。音はGoodなので、音だけ聴いてゆっくりしたい時には良いですね。

7万円近い値段ということもあってこの辺りから高級機という感じもしてくるので、こういう使い方もありなのかなと思った次第です。日本に帰ってきてる時にはなるべく日本でしか買えないもの、食べれない物を選んでいますが、Finalはヘッドフォン、イヤホン(最近Finalのエントリーモデルイヤホンも買った)共に面白いなあと思いますね。最近のワイヤレスとかポータブル性とかそういった部分は皆無なのですが、そこにいってない分集中している音によさがあるというか。 今回レビューしたfinal SONOROUS VIも10万前後の高級オープンヘッドフォンと比較すると少し楽しめに聴ける音作りなのかなと感じたので、その辺りも比較してみると良いかもしれませんね。