【レビュー】DENON AH-C720。アタックの強い低音が魅力のイヤホン

DENONのイヤホンシリーズは独特の低音の鳴り方が好きで、AH-C720とAH-C820を家電量販店やオーディオのお店に行っては視聴していました。結果的により低音にアタック感のあるAH-C720を購入したので、音質などをレビューしていこうと思います。

DENON AH-C720のレビュー

今回購入したのはDENONのイヤホン「AH-C720」。カラーはブラックを選択しました。まずは開封ですが、なんだかデノンのシリーズは上2つが高級感があるという勝手なイメージを持っていて、AH-C820の次がAH-C720なのでなかなか高級感のあるパッケージングです。

まずはデザインをレビューしていきます。

img_0152-1

ボックスを開けるとイヤホン、イヤーピース、クリップなどが同梱しています。この辺りは5000円クラスのイヤホンと比較すると高級感のある部分ですね。

img_0153

説明書など諸々。

img_0162

イヤホン本体はシリコン系の(なんていうのこれ?)ものに巻きついて収納されています。こちらはケースとしても使えますが、巻くのが面倒なので筆者は他のイヤホンのポーチを利用しています。

img_0157-1

イヤーピースは標準でついているのがComply(コンプライ)製のイヤーピースでTX-400、付属でシリコン製のイヤーピースもXS/S/M/Lの4種類が付属します。

シリコン製のイヤーピースに付け替えるともう少しあっさりした音質で鳴りますが、締まった低音を楽しむには標準のTX-400を利用するのがオススメです。

img_0166

イヤホン本体部分。今回はブラックですが、デザインは主張しすぎないシンプルな外観です。DENONの文字がきらり。主張しすぎない高級感と言いますが、他のブランドとは一線を画す部分かと思います。

img_0167

Y字ケーブルとなっており、絞りもついています。持ち運んで利用する際には便利ですね。ちなみにAndroidやiPhone用のリモートコントローラーはついていません。純粋に音楽を楽しむだけのイヤホンという感じがします。

img_0168-1

ハイレゾ対応となっており、ネオジウムマグネットを採用した11.5mmのダイナミック・ドライバーを搭載しています。こちらが低音から高音までキレの良い音を鳴らしてくれます。

ハウジングにはアルミダイキャストとABS樹脂のハイブリット構造を採用。こちらが不要な振動を抑えるのだとか。デザインにも見える部分ですね。

img_0169-1

Y字ケーブルの分岐点。場所ごとに利用されているパーツもしっかりしています。

img_0170-1

ビルドクウォリティの面で少し残念だったのが、3.5mm端子の部分についている金属パーツが購入当日に外れてしまった部分です。初期不良なので交換できるので問題ないのですが、一発目にこれに当たったのはびっくりした。

DENONブランドではAH-MM200、AH-MM400などMusic Maniacシリーズのヘッドフォンも購入したのですが、接続端子の部分はL字ならこういったことは起きない様な気がします。個人的にはストレートのほうが好きなんですけどね。

img_20161211_131415_hdr

DAP接続接続部分近くのパーツが外れた以外はデザインなどは満足です。このイヤホンは結構好きであまりこんなことも書きたくないのですが、まあ正直な感想を書きたいのと、こういった初期不良もまあ工業製品ではあるということで。

 DENON AH-C720の音質レビュー

今回はDENONのイヤホンシリーズでもAH-C820とAH-C720を悩んでAH-C720に決めました。主な理由ですが、

  • C620以下は音に厚みがなくあまり好きではない
  • AH-C720とAH-C820でも鳴り方がかなり違う
  • AH-C720はより低音のアタック感が強い(というか分かり易い)

コスパを重視したモデルだとC720から下のモデルは正直安っぽい音でした。ということでC720とC820の2択になったのですが、まず必要な低音は両機種ともかなり綺麗に、そして鋭く鳴っています。

で、その中でも決め手になったのが低音のアタック感。DENON AH-CH720はよりアタック感のある低音で、それでいてぼんやりしておらず鋭くキレのある低音です。

購入する方によってこれは好みが分かれる部分かと思うのですが、個人的には最上位モデルであるAH-C820よりもより低音のパンチが分かりやすいAh-C720の方が好みでした。・・・・というのが購入した理由です。

で、しばらく使ってみてですが、やはり低音のパンチ力は個人的な好みにバッチリハマりましたね。重厚な低音ですが、決してぼやけることなくキレのある解像度の高い音です。

ここはうまく説明するのがなかなか難しいのですが、低音のキレとパワーを両立してうまくバランスをとっている感じですね。迫力がありながらも、聴いていて心地の良い音です。

高音もがっつり出ているのでドンシャリなのかなという感じもしますが、ボーカルも前に出ているので聴きやすいですね。やはりDENONのAH-C710は低音ありきというのが魅力な感じはしますが、全体的なバランスも解像感高く鳴らせるあたりがこのシリーズが人気を集めている秘訣なのかなあと。

AH-C820はもう少しバランス型なんですよね。キラキラしたJーPOP、クラシックなども聴く方は上位モデルのC820の方が合う感じはします。

個人的には洋楽、ダンス系EDMを聴くことが多いので、より低音のアタック感がわかりやすいAH-C720の方が好きですね。低音重視のモデルだとAudio-TechnicaのSOLID BASSやソニーのEXTRA BASSシリーズもありますが、DENONのAH-C820/C720も選択肢に入れておくべきでしょうね。くっきりした重低音を鳴らすイヤホンという意味では、こちらの方が好みの方もいるはずです。

DENON AH-C720・イヤホンのレビュー総評

DENON AH-C720に関しては解像度と低音の部分が個人的な好みにどハマりしたこともあって、文句のつけようのないイヤホンです。コンプライのイヤーピースも好きですし、購入までじっくり何ヶ月間かかけて慎重に選んだこともあって音質面では非常に満足でした。

購入時点でパーツが外れるというアクシデントもありましたが、まあこういうものに当たることもあるんですね。初期不良というとなんだか嫌な言い方ですが、無料で交換対応になったもDENONのサポートがしっかりしている部分かと思いました(まあ初期不良なので当然なんですけどね)。

2016年に購入したこの価格帯のイヤホンの中ではピカイチです。しばらくメインモデルを変更する予定もありません。購入は以下のサイトから。

(購入)