BOSE SoundTure ae(Around-Ear)ヘッドフォンをポチりました。

BOSEと言えばQuietComfort 35のノイキャン付きBluetoothヘッドフォンが爆売れしていて中の一つ持っているのですが、あえてこの時期に「BOSE SoundTure AE(Around-Ear)」ヘッドフォンを購入しました。

すでにSoundTure AEは2(第二世代)が発売されており価格が下がっているのと、BOSEのアラウンドイヤー型でも低価格モデル(それでも高いけど)をQuietComfort35とも比較してみたいというのが理由としてあります。

届くまでもう少しあるので、ポチった経緯と期待していることをズラズラと書き連ねていこうと思います。

BOSE SoundTure AE Around-Ear Headphonesをポチりました。

BOSEのSoundTureといえば、ブランド内ではそこそこ低価格で買えるヘッドフォン・イヤホンシリーズですが、今回購入したのはSoundTureのAE II(2)ではなく、初代AEです。

bose-soundture-ae

BOSEらしいイヤーパッドに加えて今回購入したモデルが上記のパープル&ミント(?)というカラーになっており、デザインもド派手というところも気になっていたポイントでした。当時の発売価格が1万8000円程度に対してだいぶ安くなっていますし、まあ色々な理由があってポチりました。

QC35と比較してみたい

BOSEのヘッドフォンといえばノイキャン付きのBluetoothワイヤレスモデル「QuietComfort35」を所持しており快適に利用していますが、そもそも「ノイズキャンセリングが集中につながるか」といえばそうでもない気がしていて、約4万円という価格からも、壊れた時の落胆がハンパないなあという気持ちでいました。要は少し扱いづらいと。

img_0019

飛行機には乗るけどBluetooth使えないのが多いし、そもそも仕事で毎週飛行機に乗るわけじゃないからそんなにノイキャンいらんし、正直そんなに4万円出したメリット享受できてないのかなと思うようになりました。

そもそもBOSEヘッドフォンを購入した理由が「分厚いイヤーパッドのヘッドフォンが耳に合わなかった」ということなので、正直作業用としてはそんなに音質を期待していないですし、すっきり聴けて刺さったり低音の迫力による疲れがなければ良いわけです。

それに見合いそうだったのがBOSE SoundTure AE。イヤーパッドの形状はほぼ同じなのでフィットはするだろうし、まあ音もそれなり、という期待もあるわけです。

img_0020

あとはqc35のように、4万円超えてくると丁寧に扱いすぎて、使い回しが悪くなるというか、あまりガンガン使う気にならない。 もちろん保証期間内なので問題ないですが、壊れた時のダメージというと4万円台のヘッドフォンは半端ないわけで。

そういった意味でいうと、似たような形状でおそらく装着感は良いだろうし、低価格なので壊れてもそんなにダメージの大きくない初代SoundTrue AEは個人的に買いだったわけです。そりゃあポチるとすぐに。

ちなみ補足をしておくと、最近SkullcandyのGRINDを購入したのですが、デザインと割り切っていた分、意外と聞き続けてたら音質が良く感じてきて逆に困ってきてます。

まあSkullCandy GRINDはオンイヤーヘッドフォンなので作業用のスタメンになることはまずないので、qc35程度の装着感が得られるなら有線のみでもありなのかなーと。今週中には届くはずなので、届いたらレビューします。