【レビュー】beyerdynamic T90を聴く。タイトで高解像度、低域制御がグッドな開放型ヘッドフォン

beyerdynamic-t90

beyerdynamic T90を購入したのでレビューしていきます。このヘッドフォンはすでに生産終了になっているモデルですが、オープン型で、テスラテクノロジーを採用し、高効率再生を実現したオープン型ヘッドフォン。開放型なので自宅用に購入したのですが、すっかりレビューするのを忘れていたので、紹介。音質傾向はフラットで、解像度が高く、特に低域の制御が素晴らしいです。少し気になる部分もあったのでメモしておきます。



beyerdynamic T90 レビュー

今回レビューするのは、ベイヤーダイナミックのオープン型ヘッドフォン「T90」です。テスラテクノロジーを採用した本機ですが、開放型、250Ωのインピーダンス、3mストレートケーブルとあって、基本的には自宅利用のヘッドフォンといえます。

beyerdynamic-t90

マイクロベロアとマイクロファイバーで構成されたヘッドバンドとイヤーパッド。仕様を見ても自宅用、それも長時間利用を想定しているでしょうから、着け心地は概ね快適です。

beyerdynamic-t90

ベイヤーダイナミックのヘッドフォンは種類も多くありますが、10万円のハイエンドとは行かないまでも、5万円は超えるミッドレンジモデルではあります。テスラテクノロジーを採用していることもあって、解像度は高いです。ベイヤーらしいサウンド傾向にも注目。

beyerdynamic-t90

デザインは無骨な感もありながら、5万円以上の自宅用オープン型ヘッドフォンなりの風格を感じさせるデザインです。まあ正直自宅用ということで、デザインはあまり気にしていません。それよりも快適であることの方が重要ですが、設計上長時間のリスニングも可能なようになっているとのことで、実際に使ってみてもあまりストレスを感じることはありませんでした。

T90のスペック・基本仕様

モデルbeyerdynamic T90
形式オープン型
周波数特性5-40,000Hz
感度(SPL)102dB
インピーダンス250Ω
歪率0.05% 以下
許容入力200mW
ヘッドバンド側圧2.8N
ケーブル3m / ストレート
プラグ3.5mm ステレオミニプラグ
6.3mm ステレオ標準プラグアダプター
質量430g(ケーブル含む) / 350g(ケーブル含まず)
付属品キャリングケース

パリッと乾いた高解像度、低音の粒の細かさ、女性ボーカルの刺さり具合

音質傾向は、比較的フラット。T90はベイヤーダイナミックらしいというか、カチッと鳴らすタイプ。上下にドンシャリ的な味付けは少なく、暖かいサウンドというよりは、パリッと乾いた硬いサウンドとでも言いましょうか。

上下共に解像度の高いサウンドを鳴らしてくれており、流石にここは5万円クラスもしくはそれを超えるオープン型ヘッドフォンという感じがします。高域も良いのですが、個人的には低域の粒の細かさと制御が素晴らしいと感じます。開放型なので抜けも良くこもりとは無縁ですし、

良くも悪くもモニターライクな抜けの良いヘッドフォンを探している方にはドストライクな予感。硬めのサウンド傾向なので、ロックな曲には良い。中高域の部分で女性ボーカルがちょいちょい刺さるのが気になることがあるので、ここは一度、試聴できればした方が良いかもですね。アコースティック色の強い曲には少しタイトすぎるかなとも思うので、アンプでどうにか艶をプラスできれば、という印象。ボーカルものの曲はあまり合わないような。

元々パリッと乾いた音色かつ250Ωで、上流がしょぼいと厚みのないサウンドになるかなという印象。3mケーブル、ステレオ標準プラグアダプターも付属するオープン型で基本自宅・室内で使うタイプかと思うので、できればこの辺りも静かな環境で、固めて試聴できるのがベストかも。…モロにベイヤーダイナミックの音作りというか、メーカー色が出た開放型ヘッドフォンだと思います。なので密閉型であってもオープン型であっても、元々カチッとした硬めサウンドのベイヤーが好きだという方は良さそうです。生産終了品なので、中古で質の良いものを試聴して買うのが今の所ベターかもしれません。

購入:amazon.co.jp