俺的ベストバイ・ガジェット2017 ~ ワーストはiPhone 8 Plusだけどな ~

anker-qi-iphone8plus

そろそろ2017年も終わるということで、2017年に購入したガジェットのベストバイを紹介したいと思います。完全に個人的な意見満載ですが、今年もいろんなものを購入してバッチリ貯金も減っているので、人生の先行きも不安である。ではいってみましょう。

Anker PowerPort Qi10 ワイヤレス充電器 iPhone用

anker-powerport-qi-10-review2

まず紹介したいのは、 Ankerの「PowerPort Qi 10」。Qi規格に対応したワイヤレス充電器で、Qiに対応した機器はほとんどが無線充電可能というパッドです。

Qiサポートのワイヤレス充電器というと立て掛けて置くタイプも多いのですが、Anker PowerPort Qi10に関してはフラットに置くタイプ。

これは特に、例えばiPhone X / 8 / 8 Plusなど、イヤホンジャックを搭載していないガジェットに効果を発揮します。例えば縦置き型のワイヤレス充電器だとそのまま置くとLightningポートが塞がってしまうのですが、Anker PowerPort Qi10の場合にはフラットな面に置くだけなので、それがない。

結果的に充電しながらLightningポートも利用できるので、例えば筆者の場合はiPhone 8 Plusをデジタルトランスポーターとして利用し、Lightningポートを通してポタアンなどとデジタル接続などを行い、手持ちのアンプでパワーのある音楽再生が可能になります。(宅内ポタアン利用者にはわかっていただけると思う)

もちろん立て掛け型のQi充電器も通知がみやすいとかメリットはありますが、個人的にスマホは何台か常時利用しているので、別にiPhoneから通知が見れなくても良いのです(Androidではアンビエントディスプレイが使える機種もあるので、通知に至ってはもうAndroid端末でやることが多い)。

ということで無線充電を可能にしながらLightningポートもフルに活用できるAnker PowerPort Qi10は、人によってはベストバイガジェットになる可能性があるということで紹介しておきました。充電のみに特化して言えば別に普通のQi充電器ですが、Ankerというブランド自体品質の良い周辺機器を販売しているブランドに感じるので、自宅でiPhone Qi対応機種+ポタアン利用者にはおすすめしたいガジェットです。

購入:Anker PowerPort Qi 10 ワイヤレス充電器

LG 29UM59-P ウルトラワイドモニター

LG-29UM58-P

Amazon.co.jpで購入できる、LGのウルトラワイドモニター。29UM59-Pは約29インチ、21:9のアスペクト比を採用した所謂横長のディスプレイで、今年後半というか2017年年末にかけて作業効率が劇的にアップしたモニターです。

筆者は2015年モデルのMacbook Proを利用していますが、変な話HDMIケーブルでつなぐだけで使えますし、提供されているMacOS用ソフトウェアをインストールすれば、ディスプレイの調整も可能。

13″のディスプレイと比較すると29インチは縦にも長いので、いつもはMacbook Proで面倒だった画面スクリーンショットの利用にも便利。…2017年前半までは海をまたいでの移動が多かったので自宅作業用ディスプレイは購入をためらってきたのですが、いざ住むところが決まって使ってみると、やっぱりウルトラワイドモニターは正義なのである。

購入:LG 29UM59-P 29インチ ウルトラワイドモニター

Apple AirPods

AppleのAirPodsも紹介しておきましょう。…こちらは2017年のベストバイに入れるか少し迷った部分もあったのですが、結果的に終わってみるとTrue Wireless、所謂完全ワイヤレスのイヤホンとしては完成度の高い製品でした。

まず理由ですが、一部で高いと言われていた価格が実はTure Wirelessイヤホンの中では安い部類であったこと。

税別1万6800円で販売されていますが、iPhoneの対応iOSバージョン利用者であればApple W1チップによって快適な接続が可能で、iPhoneに通常付属する EarPodsと音質はほとんど変わらないので、iPhone、iPadユーザーでEarPodsが好きな方はもれなく好きでしょう。服を脱いだりするときに落ちることもあるので注意ですが、それさえ気をつければ問題無し。ランニング中もほとんど落ちないです。

また2017年は完全ワイヤレスイヤホンで問題になったのが、接続や遅延の問題でした。まあBluetooth接続機器ということでしょうがない部分もあるのですが、他の製品は結構ひどい。JBL Free、SONY WF-1000Xあたりは接続に非常に難ありで購入する気になれませんでしたし、Beoplay E8は価格が高すぎるし、Jaybird RUNはつけ心地が悪いし、まともに使えるのはBOSE SoundSport Freeという気がしており、まあこちらも結構でかいので気になるところは多い。

というAirPods発売後の2017年 完全ワイヤレスイヤホン市場をみていると、接続も良好なAppleのAirPodsが、EarPodsに問題のない方にはベストバイだったんじゃないかと思います。上記モデルを含めて価格をみると、AirPodsは別に高くないし。

最近ではQualcommがTureWirelessに関するソリューションを発表を発表していたりするので、今後さっぱり実用性のない大手メーカー発売の完全ワイヤレスイヤホンは少なくなっていくかと思いますが、すでに紹介した内容を加味すれば、AirPodsは2017年のベストバイ・Ture Wirelessイヤホンといって問題ないかと思います。

購入:Apple AirPods

Pioneer XDP-300R (DAP)

実はこの時期海外に行きまくっていて(というか日本に滞在することの方が少ないのですが)、パイオニアのDAP「XDP-300R」に関してはレビューすら書けてないです、すみません。ただミッドレンジとしては良いDAPだなと思ったので紹介。

3.5mmアンバランス、もしくは2.5mm4極のバランス接続に対応したDAPで、OTGでのデジタル出力にも対応しています。microSDカード2枚刺しもOK。少し冷ためな素直なサウンドが魅力です。

この価格帯だとエントリー~ミッドレンジ(いやエントリーモデルか)に当たると思うのですが、Android OSを採用した機種という点ではすこぶる動作が快適。特にFiiO X7やFiiO X5 3rdと比較すると、その差は歴然。正直利用していて大きさ以外には不満を感じません。

Android OSに対応したDAPというのは例えば特定の音楽ストリーミングサービス(最近は独自OSぽいものでも単独で使える機種はあるみたいですが)を利用したいユーザーであったりすると思うのですが、その分重くなってまともに使いたい動作環境でないことは結構良くあります。

電池持ちも良いので、ポタアン+スマホを利用するライトユーザーにとってもXDP-300R単独利用ならスマホの電池持ち対策ができますし、色んな意味でそつなくこなしてくれるという印象。

FiiO X7はアンプモジュールで別物になるのでまだアレですが、操作性や電池持ちなど、エントリーモデルで気になる部分を全てクリアしてくれるエントリーモデルのDAPと考えると、XDP-300Rの価値は結構あると思うんですよね。

購入:Pioneer XDP-300R

beyerdynamic T90 開放型ヘッドフォン

beyerdynamic-t90

テスラテクノロジーを採用した開放型のヘッドフォン「beyerdynamic T90」を最後に紹介。250Ωでオープン型ということで完全に静かなスタジオ・ホームユースを想定したヘッドフォンなのですが、もろにベイヤーな音作りというか、パリッとキレのあるサウンドを鳴らします。

ミッドレンジ価格で、現在は中古で手に入れるのがメインになるかと思います。もう国内では正規販売終了品だったような気がしますし発売したのも結構前なので、購入する際にはシリアルナンバーなどを確認した方が良いかもですね。

一部サイトのレビュー書き込みでスマホ直挿しでも鳴るという意見がありましたが、硬めのサウンドなので、リスニング用にはとんでもない意見と個人的には思う。少なくともポータブルアンプ必須です。ボーカルが少し控えめなのとキレと乾いた音が特徴なのでアンプ次第ではアコースティック色の強い曲には合わない場合もありますが、ベイヤーらしさがでたヘッドフォンということでバンドサウンドの粒の細かさや高域のキレを楽しみたい方には激しくオススメしたい。

あとは、状態が良いものを買えるかどうかということかと思います。

購入:beyerdynamic T90

 「iPhone 8 Plus」俺的残念ガジェット 2017年のワースト

anker-qi-iphone8plus

最後に2017年一番後悔した買い物を紹介。iPhone 8 Plus」は今年のワーストガジェットでした。(「なんでXじゃなくてiPhone 8 Plusを買ったんや?」というところは、悲しくなるのでもう聞かないで欲しい…)

まずはその本体サイズ。Androidのメーカーが次々に新しい画面比の投入を行なっているのですが、iPhoneに関してはiPhone 8 / 8 Plus / Xの中ではiPhone Xだけがフルディスプレイ(と、意味不明なノッチ)を採用した機種です。

ラインナップでいうと、iPhone 8とiPhone 8 Plusは2017年犠牲になった機種と言えます。まずは以前のiPhone 7/7 Plusの本体サイズからほとんど変わっておらず、カメラ性能も全般良いですが正直iPhone 7 Plusから切り替えるだけの価値もなく、ワイヤレス充電に対応したのは良いですが、2017年の時点では公共の場に無線充電設備というはあんまりないので、そこまでメリットも感じない。

カメラに関してもぶっちゃけシングルリアカメラで十分かなというところがあり、iPhone 8 Plusはサイズ感が片手でかなり使いにくいので、iPhone 8 PlusとiPhone Xを比較するなら100% iPhone Xをオススメしますし、極論iPhone 8でも良い。Google系アプリを多く使うこともあって、最近はiOSの使いにくさも感じる。

AndroidとiPhone初期の頃にはAndroidでまともに動かない機種などもまだまだ多く垂直統合なiOSの方はやっぱり安心かなという思いがありましたが、ここ最近はもうAndroidの方もかなり良いので、iOS端末を利用するメリットをあまり感じなくなっているのも事実(タブレットではアプリの対応環境からiPadがAndroidタブより良いなと感じますが、そもそも、もうタブレット端末にはあまり魅力を感じないし)。

ということでこのiPhone 8 Plusはこれで我慢しつつ、焦点は2018年にiPhone Xで採用したフルディスプレイ・その他特徴をiPhone全体に持ち込むかというところが焦点になってくるかと思います。2018年に出るiPhoneをみて8 Plusは売却予定な可能性が高いですね。2018年に芯を外したiPhoneが出てくるなら、しばらくiPhoneを購入するのは控えたいくらいす。