Audio-technica「ATH-M40x」レビュー

オーディオテクニカのモニターヘッドフォン「ATH-M40x」を購入したのでレビューしてみたいと思います。

オーテクのプロフェッショナルモニターモデルといえばイヤホンの「ATH-E」シリーズ、開放型高級モデルの「R70X」がありますが、今回購入したのは密閉型のヘッドフォンシリーズ「ATH-M~x」シリーズの中でも、中位モデルにあたる「ATH-M40x」です。

オーディオテクニカ「ATH-M40x」レビュー

Audio-technicaのモニターヘッドフォン、密閉型ではATH-M~xで「20/30/40/50/70」と基本的には数字が増えるにつれて高級モデルになっていくわけですが、今回レビューするのは1万円弱の中間モデル「ATH-M40x」です。

p_20161020_171848_vhdr_on

まずはヘッドフォンのスペックをサクッと紹介。密閉ダイナミック型のオーバーイヤー有線ヘッドフォンで、コードが1.2mのカールコード(伸長時3m)と、ストレートコード3mの2種類がついてきます。

  • 形式:密閉ダイナミック型
  • ドライバー:φ40mm、CCAWボイスコイル
  • 出力音圧レベル:98dB/mW
  • 再生周波数帯域:15-24,000Hz
  • インピーダンス:35Ω
  • 質量(コード除く):240g
  • プラグ:φ6.3mm標準/φ3.5mm ミニ 金メッキステレオ2WAY
  • コード:OFCリッツ線1.2mカールコード
  • コード2:OFCリッツ線3mストレートコード

ATH-M40xのデザイン

ブラックの本体がシンプル。パーツは基本的にプラスチック素材を利用していますが、スライダー内部は金属素材。意外とごついので、耐久性はありそうです。

p_20161020_171848_vhdr_on

イヤーカップ部分。オーテクのロゴがシルバーに光ります。デザインは所謂モニターヘッドフォンらしくブラック調なので、ファッションにも割と合わせやすいのかなと思います。

p_20161020_171917_vhdr_on

スライダー部分は調節可能。ここには金属素材が使われています。

p_20161020_172106_vhdr_on

イヤーパッド。1万円弱のヘッドフォンですが、特段高級感のある素材ではありません。イヤパッドも2~3万円モデルにあるようなフカフカという感じでもないので、少し使い込まないと硬め。ただし耐久性のあるイヤーパッドということなので、個人的にはSONYのMDR-1Aのフカフカ系よりこちらの方が好きかもしれないです。

p_20161020_171939_vhdr_on

ヘッドバンドも高耐久性のある素材を利用。アーチはそんなにないので、頭のてっぺんはヘッドバンドに当たると思います。

p_20161020_172205_vhdr_on

片耳モニタリングが可能な90度反転モニター機構を採用。また折り畳み可能でポーチもついてくるので、サイズは大きいですが持ち運びができなくもないです。

(ちなみに価格の安いATH-M20xという選択肢もあったのですが、こちらは折り畳みできないので断念しました。)

p_20161020_172009_vhdr_on

ヘッドフォンとのコード接続部分はロック式になっており、差し込んでから白い線に合わせてねじることで外れなくなります。まあ普通に音楽聴く人はいらないですが、音楽制作などで利用する人で動いたりということがあれば必要かも。中の人は別にいらないですね。

p_20161020_172250_vhdr_on

外での音楽鑑賞用ならATH-M50xでも良いかも

p_20161020_172224_vhdr_on

コードは1.2mのカールコードと、3mのストレートコードが付属します。つまり着脱式です。

実はリケーブルが可能になるのはM40xからで、M30xとM20xはケーブル一体型かつ3mコードなので、外出時にメインで音楽鑑賞用ヘッドフォンとして使う場合はM40x以上でないと結構大変。

少し盲点だったのは、M40xのカールコードが意外と重く、ビヨンビヨンと垂れ下がること。1.2~1.3mのストレートケーブルがあれば良いのですが標準セットにはついてこないんですよね。中の人はDJでもないですし、ここはデメリットでしかない。

ちなみにATH-M50xには1.2mのストレートコードが付属するのでこちらの選択肢もあったのですが、M40xに関しても着脱式なのでなんとなくいけるかなという気はしています。

ただしM50xに関しては価格が2万円前後なんですよね。どうやらオーテク公式サイトを見るとM50xのページで1.2mケーブルが別途注文可能になっているようなので、購入できるならM40x+1.2ストレートコードを別途購入という選択肢がお得かと思います。

ATH-M40xはモニターヘッドフォンらしく解像度高め

フラットな音で、解像度はやはり高いです。味付けはかなり少なく、全域でしっかり鳴らしてくれる印象。「これで1万円弱か」と考えると、解像度優先ならモニターヘッドフォンも購入の選択肢にいつも入れておくべきだなとつくづく思いました。

インピーダンスが低めですが、プレーヤー次第では音量が意外にとりにくいような気も。音楽観賞用で使う場合にスマホやDAPで少し物足りない時は、ポタアンなど導入を考えて良いかもしれません。

M50xとM40x両方家電量販店で試聴してみましたが、個人的には価格差以上のものはM50xに感じることができませんでした。コスパ重視ならM40xを買うべきだと思います。

持ち運びはちとキツイ

ヘッドフォンがでかい。これはもうしょうがないです。もちろん折りたたみができるので一応持ち運びもできますが、外出先で標準セットのカールコードや3mストレートコードを利用するのは、意外としんどい。

自宅用なら問題ないでしょう。

新品は側圧強め。時間をかけて慣らして行くべし

電気屋で試聴した際はかなり利用されていたのでそこまで締め付けは気にならなかったのですが、新品だと側圧が結構強いです。

もちろんこちらも長期間の利用や何かを挟んで調整すれば問題ないです。買ってから時間をかけて自分色に使い慣らしていく(ケーブル購入含め)という部分もあって、愛着が湧いて楽しめるヘッドフォンとも言えます。

あとはイヤパッドの素材的に、頭を振ると意外に滑ります。購入前にできるだけ新しい試聴機をおいているお店でフィッティングしてみると良いかもしれません。

装着感・音質と価格の総合評価

音質は1万円弱のヘッドフォンとしてはかなり好感触でした。もちろん実機試聴してから購入したのであれですが、解像度重視かつコスパを気にするなら、変に「ハイレゾ対応!」と謳っている2~3万円クラスのヘッドフォンよりもお得感があるような気はします。

個人的には、外用・それも音楽観賞用に利用するにはケーブルと本体の大きさが少し気になりました。またイヤパッドも意外と幅が小さいので、中の人のように耳も頭も大きい人はそれなり時間をかけて音楽観賞用に慣らしていかなければならないという気はします。

家用ならコスパが高く買いですし、外出用のヘッドフォンならケーブルやフィット感が気にならなければなんとかなりそうです。いろんな部分を考慮しても、全体的なコスパはATH-M~xシリーズではピカイチだと思います。あとは価格コムのレビューやAmazon.co.jpのレビューも確認して総合的な情報から選んでみてください。

購入:audio-technica ATH-M40x -Amazon-

番外編:パナソニックのPR-HD5もありかも

ちなみに試聴時に他のブランドで音質・フィット感・価格ともに「おっ」と感じたのが、パナソニックの「RP-HD5」というハイレゾ対応のヘッドフォンです。

panasonic-rp-hd5

こちらのRP-HD5も価格が1万円前後で、音質のコスパも良いし、価格も安い。かつ、M40xにはないようなフィット感も素晴らしく、つけていて疲れない感じはしました。

ただしこちらのRP-HD5、デザインがびっくりするくらいダサいです(個人的に)。今回は外出用ということであまり外でつけたくないデザインのヘッドフォンは買いたくない、ということもあって購入を見送りましたが「1万円前後、音質良し、フィット感良し」ということで、音質重視かつコスパも気にするならありだと思いました。

購入:Panasonic RP-HD5 -Amazon-

RP-HD5に関しても新モデルなどがでない限りは今後購入してみたいモデルではあります。しかしながら、今回はM40xで満足ですかねえ・・・。