AppleのiPhone 7、AirPodsでデメリットになりそうなこと

現地時間の2016年9月7日、Apple社はiPhone 7とiPhone 7 Plusを発表しました。性能の違いは幾つかありますが、オーディオ好きの人には「イヤホンジャックがなくなった」というのは結構大きなニュースなのではないでしょうか。

Linghtningケーブルによるアダプターが付属するのですが、それでも色々面倒になりそうです。ワイヤレスのイヤホン「AirPods」も発表されたので、デメリットになりそうなものを挙げてみようと思います。

iPhone 7で3.5mmヘッドフォンジャックがなくなるデメリット

多くのスマホには3.5mmのヘッドフォンジャックが付いています。これは有線でイヤホンやヘッドフォンに接続するもので有線で音楽を聴くならほとんどの人が使うものと思いますが、iPhone 7/7 Plusでは、、このイヤホンジャックが廃止、つまり搭載されていません。

ではどうやって音楽を聴くかというと、Bluetoothなどの無線接続による音楽視聴の方法が一つ。またiPhone 7シリーズにはLightning-3.5mmイヤホンジャックのアダプターが付属するようなので、これらを組み合わせて使うと、有線でも接続できるようになるようです。

充電と有線接続が同時にできない?

変換アダプターを利用するにしても、ヘッドフォンジャック自体は廃止されてしまっているので、充電しながら音楽を有線のイヤホンやヘッドフォンが使えなくなるのでは?という懸念があります。

中には音楽をイヤホンで聞きながら充電したい人もいると思うので、これは大きなデメリットになるのではと思うのですが、皆さんどうでしょうか(iPhone 7シリーズは電池持ちも向上していると公表されているので、この辺りの利便性はどうなっているか気になるところです。)

無線イヤホンのAirPodsが別売りで購入出来る

airpods

iPhone 7/7 Plusと一緒に発表されたのが、完全無線イヤホンのAirPodsというもの。Bluetoothで接続可能で、一回の充電で最大5時間のバッテリー駆動、充電ケースを利用した場合は24時間駆動、AAC対応と、iPhone用のイヤホンとしてはなかなかのスペックになっています。

価格が高い

159ドルという価格は、純正イヤホンとして発売するには少し高すぎるような気も。もちろんいろんなテクノロジーの結集としてこの価格がついているのだろうし(Appleブランドというのもあるし)、専用ケースありなら充電もかなり持つし、Siriを起動できるし、また無線でデザインも先端すぎて少しついていけないくらいなもの。一応言っておくと、イヤホンを普段購入しない人には高いかもしれないが、左右独立型無線イヤホンとしては実は安い部類に入ると思います。

機能と価格については個人の感じ方の問題もあるので、これは実際に聞いてみないとなんとも言えないですね。Techcrunchで簡易レビューが公開されていたので、気になる方はこちらも参考に。

参考:Appleの完全ワイヤレスイヤホン、AirPodsを試してみた-TechCrunch-

失くしやすい

無線イヤホンには色々あります。ネックバンドのタイプなどもありますが、今回AirPodsが採用しているのは左右独立型のイヤホンです。充電兼ケースに入れて持ち運ぶことはできますが、ケーブルがなくほぼイヤホンのみなので、おそらく失くしやすいでしょう。

TechCrunchが、早速失くした云々の記事を公開している。コンパクトで非常に良いと思うけど、私個人的にも「無線イヤホンがほしくてAirPodsを買う」という期待感はまだないですね。今後のレビュー待ちですが。

参考:AirPodsはこうして片方だけがなくなる-TechCrunch-

iPhone 7のイヤホンジャック廃止とAirPodsに関する意見まとめ

イヤホンジャック廃止は前々からリークされていましたが、見た目のダサさと引き換えにアダプターは提供されるということで一安心な感じです。

AirPodsに関しては普通に売れるでしょうね。まあただ、有線のイヤホンで間に合っている人が159ドル出す価値があるかというとちょっと…。という気もします。値段に見合うかどうか気になる人は、実際に視聴してみてください。